お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

バーチャル教室の強化: ビデオ会議を使用するメリットと課題

世界的なパンデミック以前から、多くの学校でバーチャル教室、つまりリモート教育を導入するため、さまざまな選択肢の調査や投資が進められていたものの、突然スピードが求められるようになった移行は、教育システムに著しい負担を強いることとなりました。一連の遠隔学習ツールおよびテクノロジーの業界全体への早期の導入は、非常に重要なプロジェクトとなっています。今日、幼稚園から中等教育および高等教育において、基礎的なハイブリッド学習の目標を満たすのに必要なインフラストラクチャを備えた施設がますます増えています。こうした施設にとっての新たな課題は、教育体験を微調整することです。そして、パワフルな専用設計のビデオ会議ツールにより、これを実現することができます。

学校のシステムとネットワークセキュリティを万全に維持しているIT管理者にとって、教室に導入されたビデオ会議ツールの機能やメリット、包括的な統合の過程で解決する必要があると考えられる技術的課題や関連する課題を把握しておくことは非常に重要となります。

バーチャル教室におけるビデオ会議の有用性

人と人とのつながり、情報の保持、効果的なコミュニケーションの面では、ビデオ会議の優位性は、音声通話とは比較にならないほどです。これはハイブリッドワークデザインの基本的な信条であり、この概念は、幼児教育の入学から高等教育の卒業まで、あらゆるレベルの教育に適用することができます。

教育のユースケースは特に興味深く、ボーズがこの考え方を一歩先へ進めるきっかけとなりました。ビデオ通話が、情報の保持や情報の質の面で音声通話に勝るのであれば、高品質な専用のフォーマットでオーディオとビデオの情報を伝達できる能力が自然と優れた学習体験をもたらします。ビデオや通話の質が低いと、聞き手側には低品質な情報しか伝わりません。こうなると、高品質なAV品質の機器(解像度、画像の明瞭さ、サウンドの3つの要素がより優れたもの)を使用した場合よりも、保持できる情報が少なくなります。これが学校での長い1日にわたることを考えると、実際の授業の内容の質がどうであれ、あらゆる学年の生徒が被る総合的な損失がどれほどのものか、想像に難くありません。

ノートPCの前に座り、ビデオ会議で授業を行う教師。

生徒の中には、教室に戻ることができない人も数多くいるため、バーチャル教室ソリューションが必要になっています。

ITの面では、ビデオ会議ツールにより、オーディオとビデオの品質を改善できるだけでなく、柔軟性も向上させることができます。ノートPCやタブレット経由で提供されるSaaS(Software-as-a-service)製品も選択肢の一つですが、これらは、品質や適応性の面で、教室の設計からハイブリッドな学習の課題まで、あらゆる状況に対応する専用のビデオ会議ソリューションに及びません。 

全体的な教育体験を強化

学生が教室にいるかどうかにかかわらず、質の高い教育体験を提供できるようにするという発想に戻ると、ビデオ会議によって可能になるのはオーディオとビデオの向上だけではありません。教師、保護者、管理者、そして学生が利用するツールやリソースを改善することで、教育体験も強化できます。

高品質のビデオ会議ツールを導入することで、教師が迎えることのできるバーチャルのゲストスピーカーの数も即座に増やすことができます。また、当日に実際に参加できない生徒がいても、バーチャルでの校外学習やコラボレーションによるクラス発表が可能になるだけでなく、電話では難しい教師との面談やカウンセリング、その他の1対1のやりとりもできるようになります。

高品質な専用のビデオ会議ツールがあることで、保護者とのやりとりも簡単になる可能性があります。こうしたソリューションでは、自宅でのインターネットアクセスの欠如など、保護者のコミュニケーションの課題をすべて解決することはできないものの、デジタル空間でのやりとりに不自由のない保護者の体験を標準へと近づけることができます。また、個別指導計画(IEP)の会議や、類似の教育に参加する必要のある保護者のことを考えてみましょう。教師が(タブレットやノートPCだけに頼るのではなく)バーチャル教室を使用できれば、チャートを表示したり、データを共有したり、保護者が教室にいるときと同じ感覚でコミュニケーションを行うことができ、保護者も子どもの人生の重要な側面をより包括的に把握できるようになります。同様に、大学の教授が帰宅後の学生とコミュニケーションを取る場合(高等教育の場で一般的になりつつあり、推奨されている取り組み)にも、より高性能なツールを使用することで、コミュニケーションやコラボレーション、エンゲージメントをより簡単に行うことができます。

バーチャル教室のITの課題に対処

学校のITチームがバーチャルの環境で直面する課題と、それらを避ける方法について詳しく見ていきましょう。

シンプルさと一元管理: 毎回教室を配信するごとに、教師が番号を入力したり、設定を行う必要がある状況は避けるべきです。さらに、情報の伝達のために複数のシステムを切り替えるといったこともないようにする必要があります。

アクセシビリティ: コンテンツをさまざまなデバイスを利用している生徒に届けることが困難な場合があります。幼稚園から中等教育までの学年では、コンピューターハードウェアやインターネット接続を利用できない生徒もいるため、これは現実的な問題です。高等教育でもこれは大きな懸念事項であり、ITチームは、使用しているコミュニケーションソリューションが、学校に導入されているデバイスやBYODデバイスなど、可能な限り幅広いデバイスで利用できるようにする必要があります。

空間の構成と最適化: 講師の誰もが同意するでしょうが、すべての教室にはそれぞれ違いがあります。このため、すべてのバーチャルおよびハイブリッドな学習のニーズをまとめて解決する方法を見つけるのがますます難しくなります。たとえば、ある部屋では空調システムのノイズがニーズを複雑化させている一方、別の部屋では、サイズや構造の違い(別館の部屋など)により、適切な音質に設定するのが難しいことがあります。

ビデオ会議ソリューションを適切に導入すると、即座に、こうした課題をより簡単に解決できるようになります。たとえば、Bose Professionalの天井埋込型オーディオソリューションを使用することで、教師が操作するデバイスの数を大幅に削減することができ、プリセットされている標準設定を使って初期セットアップを容易に行うことができるほか、ZoomやMicrosoft Teamsといった複数の人気コミュニケーションプラットフォームを柔軟に使用できます。同様に重要なのは、こうしたソリューションを使用することで、学校が支給するタブレットやノートPCを使用して、生徒全員が高品質な教育を受けられるようになると同時に、教育者が使い慣れたデジタル環境で作業を行えるようになることです。

バーチャル教室にはビデオ会議が必須

世界的なパンデミックにより、教育業界は他のどのグループよりも努力を強いられました。この変化により、教育者の重要性と、生徒に日中に取り組む課題を与えることの基本的な必要性が証明されましたが、重圧の中での学校による進化への取り組みは、称賛に値するものです。今こそ、すべてのレベルの生徒が必要としている体験を充実させ、教育の新しい世界を最大限に活用すべき時です。そのためには、学校で使用されているプラットフォームと統合でき、教育の全体の質を大幅に向上させることのできる、高品質なビデオ会議ソリューションほど効果的な方法はありません。