お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

ハイブリッドな働き方モデル: オーディオおよびビデオテクノロジーで実現する方法

かつては従業員に福利厚生のオプションとして提供されていたハイブリッドな働き方が、定着してきました。Accentureの2021年のレポートによると、世界的なパンデミックの期間にハイブリッドな働き方モデルを利用した従業員は、メンタルヘルスを向上させ、仕事上の関係を強化し、その組織での勤務に前向きな感情を持つ傾向があることが分かっています。こうした従業員の83%が、ハイブリッドな職場を将来的に最適であると回答しています。

ここでは、適切なオーディオおよびビデオテクノロジーにより、ハイブリッドワーカーとオフィス内の同僚のコラボレーションをより効果的なものにすると同時に、その過程でビジネスの生産性を向上させる方法をご紹介します。

ハイブリッドな働き方の成功が適切なテクノロジーにかかっている理由

ハイブリッドな働き方モデルの一環として、チームメンバーがリモートで仕事の打合せや会議に参加する際、発言を聞き取ったり、オフィス内の同僚のやりとりを見たりするのに、適切なオーディオソリューションやビデオソリューションが必要になります。周囲の喧騒や室内の物音などで、対面で集まっている同僚たちがお互いの声を聞こえないということはありませんが、リモートの場合は、適切なテクノロジーがなければ、会話を聞き取るのに苦労することが推測されます。また、高品質のビデオによる同僚とのつながりがなければ、職場での円滑な関係に必要な一体感を構築できない場合もあります。

シンプルなビデオカメラとマイクがあれば、こうした問題を容易に解決できるように思えるかもしれませんが、すべてオーディオやビデオのテクノロジーがハイブリッドな働き方モデルに適しているというわけではありません。オーディオソリューションの中には、会議室の周囲のノイズを十分に除去できないものもあります。また、ビデオソリューションによっては、部屋全体、室内の参加者全員を明瞭に映すことができない場合があります。加えて、ある会議スペースやチームに適したソリューションが、他の状況でも理想的であるとは限りません。

タブレットを使用して、ビデオ会議でオフィス内の同僚とコラボレーションするハイブリッドワーカー。

ハイブリッドな働き方の成功は、高品質のオーディオおよびビデオテクノロジーに左右されます。

また、リモート側の職場環境のオーディオやビデオの問題もあります。これには、独自の要件や制限が伴う場合もあります。こうした理由から、特にハイブリッドな職場に対応するよう設計されたオーディオおよびビデオテクノロジーに投資することは極めて重要です。

適切なソリューションがハイブリッドな職場の生産性を実現

自社のニーズに合ったビデオ会議ソリューションを選定することで、企業はハイブリッドな働き方モデルを構築し、持続できます。たとえば、オフィス内の従業員が柔軟なコラボレーションスペースを求める中、より一般的になってきているハドルスペースや中型の会議室では、使いやすいオールインワン会議ソリューションが効果的です。オフィス内の従業員がUSBケーブルを使用して接続し、数クリックで会議を開始して、同僚のハイブリッドワーカーを会議に招待できます。また、複雑なオーディオやビデオのハードウェアに手間取る時間を節約できるため、チームが目の前のタスクに集中でき、時間を有意義に使うことができます。

対照的に、より大型のスペースであれば、エコーキャンセリング機能、スピーカー、天井埋込型マイクを搭載した、統合型会議ソリューションがより適しています。ハイブリッドワーカーは会議の内容を十分に聞き取ることができ、オフィス内の同僚はマイクが近くにあるかどうかを心配することなく自然に動き回ることができます。こうしたソリューションは、Microsoft TeamsやZoom、Google Meetなどのユニファイドコミュニケーションプラットフォームもサポートしているため、企業と外部のパートナーが使い慣れたツールを使用してコラボレーションを行うことができます。

もちろん、そのメリットを最大限に活用するには、これらの会議スペースを必要な時に利用できるようにしておく必要があります。ハイブリッドな環境や在宅勤務の環境の標準化が進むにつれ、こうした会議室の需要は高まっていきます。ハイブリッドな職場には、オンラインか直接操作かにかかわらず、デジタル機器を導入した会議室を予約するためのシステムが必要になります。また、予約システムのデータを分析し、これらの会議スペースにおける従業員の使用状況のパターンを特定することにより、会議スペースの使用率も最適化できます。

生産性に優れたハイブリッドな職場を構築する方法

同じAccentureのレポートによると、労働者の40%が、オンサイトでもリモートでも、生産性を高めることができると回答しています。ただし、そのためには適切なリソースが欠かせません。成功のために重要なことの一つは、企業がデジタルの面で成熟し、適切なツールを使用して従業員のイノベーション、コラボレーション、移動性を促進できるようになることです。すでに多くの企業が、リモートワーカーの増加に伴い、デジタルソリューションの大幅な変革を進めています。こうした企業は、生産性に優れたハイブリッドな職場を今構築し、将来にわたって継続するのに、適切なオーディオおよびビデオテクノロジーが欠かせないことを認識することになります。