お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

共用スペースでのポータブルPAシステムの使用

世界的なパンデミックにより、多くの企業が会議スペースの代替となる空間を求めています。企業で営業の再開と停止が繰り返される中、この傾向は過去1年加速の一途をたどっています。企業が社員間のコラボレーションが活性化する職場環境を新たに整備する方法を模索する中で、プレゼンテーションやトレーニングなどの従業員によるグループイベントにおいて、こうした共用スペースの有用性はますます高まっています。

しかし、これらの屋上やロビーといった共用スペースは、参加者同士が距離を取り、換気もできることで、衛生上および安全上の理由で選ばれることが多い一方で、多くの場合、仮設のオーディオとビデオソリューションの導入が必要になります。ポータブルPAシステムを使用すると、こうしたスペースにおいても発表者の声を簡単かつ明瞭に届けることができるようになります。

市場には、リーズナブルな価格で、音質に優れた使いやすいサウンドシステムがあります。これらは、音響の知識を必要とせずに会議スペースごとのニーズに合わせて容易に設置することができ、バッテリー駆動のため、幅広い会議スペースで使用することができます。

必要な要素を全て備えたポータブルPAシステム

こうしたポータブルソリューションは、持ち運びができる造りでありながら、スピーカー、アンプ、ミキサーといった、サウンドシステムに必要な主要コンポーネントが一つの機器にまとまって搭載されています。たとえば、サウンドシステムの人気ランキングの常連であるBose ProfessionalのL1 Pro Portable Line Array Systemは、スピーカーコラムの台座としての機能を果たすサブウーファーを備え、ミキサーも搭載しています。このミキサーは、マイク入力のためのXLR入力(ほとんどの会議では、発表者用とゲスト用に、マイク入力が2つあれば十分)に加え、ほとんどの外部音源に対応する標準フォン入力と3.5 mmステレオ入力を備えています。3.5 mmステレオ入力ケーブルを使用してノートPCやタブレットをサウンドシステムに接続したり、Lightning-3.5㎜アダプターを使用してモバイル機器を接続することもできます。

ほとんどのポータブルPAシステムは、セットアップの容易さも考慮して設計されており、電源のオン/オフスイッチと音量調節の他は、ほとんど操作の必要がありません。内蔵のDSPにより、歪みやクリッピングなどのノイズも防ぐことができます。しかし、物理的な現象には、避けられないものもあります。マイクとスピーカーの音響作用によって起こるフィードバックは、専門知識を持たないユーザーにとっては大敵となります。Bose Professionalを含む一部のメーカーでは、これに対するテクノロジーを提供しています。このテクノロジーにより、マイクやスピーカーの配置の許容範囲がかなり拡がり、その結果フィードバックの発生を抑えることができます。発表者がコラムスピーカーの真正面に立ってもフィードバックが起こりにくく、モニタースピーカーを用意する必要もなくなります。

3つの「P」を考慮する

ポータブルサウンドシステムを選択する際には、以下の3つの「P」を考慮しましょう。

Power(出力): 使用するスペースの規模を考慮しましょう。より大規模な部屋で小さなスピーカーのパワーを限界まで上げるよりも、より小規模なスペースで大きなスピーカーのパワーを下げるほうが容易なので、通常使用している中で最も大規模なスペースを基準にしましょう。出力はワットで測定され、音量はデシベル(dB)で測定されます。60 WのPAは、100 dBを超える音量を出力できます。これにより、音が歪むまで音量を上げることなく、30~40人規模のスペースでスピーチを部屋の隅々まで届けることができます(参考までに、テレビの音量はおよそ70 dB)。

Purpose(目的): スピーチのみに重点を置くのか、または音楽も使用するのかについても考慮しましょう。プレゼンテーションで音楽を使用する場合は、より大きな出力(より高いワット数)が必要になります。また、より広い音域を再生できるよう、サブウーファーも追加するとよいでしょう。これにより、PAをプレゼンテーションの合間のBGMにも使用できるようになります。

Price(価格): さまざまなPAシステムが急激に普及したことで、選べる価格帯も増えています。ただし、一般的に品質や機能は価格に比例します。システムのサイズや種類(出力、スピーカーの数、入力端子の数、リバーブなどのエフェクトプロセッシングなどの機能)によって、50,000円前後のエントリーレベルのシステムから40万円を超える最上位機種まで、幅広い価格帯から選ぶことができます。

ポータブルPAシステムのベストプラクティス

最新のポータブルPAシステムでは、多くの機能が自動化されていますが、ここではそのメリットをさらに高めるためのポイントをご紹介します。

スピーカーの配置: ここで重要な指標となるのが指向特性です。指向特性は、PAのサウンドが放出される範囲であり、水平および垂直の角度で表します。一般的なスピーカーは、大体40°~90°まで、さまざまな水平カバレージパターンを持ちますが、スピーチの用途では、より狭い40°~60°の範囲が好まれます。これは、サウンドをオーディエンスに集中させ、壁からの反射を防ぐためであり、主に500 Hz~2 kHzの間の周波数の音声であるスピーチを、音量を上げることなく、聞き手に明瞭に届けることができます。

会場のサイズと種類: 壁、床、ガラス窓などの硬い表面は、反響を生み出します。これは、音を伝達するのに役立つ一方で、スピーチの明瞭さに影響を及ぼすこともあります。こうした表面を避けてスピーカーを配置することは、スピーカーを聞き手に向けることと同じくらい重要です。カーペットを敷いた床や天井タイルなど、反射しにくい表面や吸音面により、こうした問題を軽減することができます。

会議スペースがさまざまな場所に拡大していく中、ポータブルPAシステムを使用することで、代替スペースで行われるあらゆる種類の会議を成功させることができます。

Bose ProfessionalのL1 Pro Line Array Systemに接続したモバイル機器を操作する手

ポータブルPAシステムにより、オフィス外の代替会議スペースを優れたサウンドで満たすことができます。