お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

ナレッジワーカーの燃え尽き症候群をテクノロジーで解消

世界的なパンデミックから私たちが学び、今なおビジネス界に広まっている最大の教訓とは、働き方の変革が求められているということです。ナレッジワーカーについては、大量退職時代と呼ばれる退職者急増の影響は軽微でしたが、燃え尽き症候群の事例は増加しています。そのため、企業は日々の業務、職場、ワークフローシステム全体の見直しを迫られています。

生産性向上のエキスパートであるカル・ニューポート氏は、最近のポッドキャストエピソードで、かつてないレベルの燃え尽き症候群とオーバーワークが発生している理由を詳しく考察し、ビジネスリーダーが実践すべきワーカーの健康と満足度の改善策を提言しています。現代のワーカーのニーズを満たすフレンドリーな職場を作り上げる方法はいくつもありますが、そうした職場を築くには、経営幹部から人事、IT部門まで、意思決定に関わるあらゆる人々がしかるべき役割を果たす必要があります。

燃え尽き症候群に至る原因とは

同氏は、ナレッジワーカーが計画を立てて成功したときに達成感を得るという、進化した人間的特性に従っていると指摘します。この能力は、販売およびマーケティングキャンペーンの作成、商談の成約、長期的な投資戦略の立案を担当するナレッジワーカーのコアスキルの1つと言えます。

同氏は、燃え尽き症候群に至る理由として、なまじ計画や目標を立ててしまうため、やるべき仕事や外せない作業で1日中がんじがらめになり、タスクを管理して優先順に処理する能力が過負荷状態になることが原因だと主張しています。たとえば、プロジェクトを抱えている場合は、複数の会議スケジュールを設定し、電話をかけてメールを送信し、情報を集めなければなりません。こうした小さなタスクは瞬く間に膨れ上がります。

5人のワーカーが会議テーブルに座って話し合っている画像。

ナレッジワーカーの間で増加している燃え尽き症候群ですが、テクノロジーを活用し、職場習慣を改善することで、この面倒な障害を克服できます。

同氏は次のように述べています。「自分が抱えるプロジェクトが増えると、責務が上乗せされ、必然的に雑務が発生してスケジュールの大半を埋め尽くすことになります。業務時間のほとんどは会議に忙殺され、プロジェクトに参加する全員とコンタクトを取り、メールや電話で何度もやり取りして、プロジェクトを先へと進めなければなりません」

同氏が提唱する「スロープロダクティビティ(生産性をほどほどに抑える)」とは、仕事に伴う意思決定があまりに多すぎると、過大な責務がのしかかり、結果的に燃え尽き症候群に至るという考え方です。つまり、Zoom環境で8時間勤務するような日をなくすか大幅に減らし、一度に1つまたは2つの目的や成果に対してのみ責任を負う仕事モデルに移行するように全力で取り組みます。義務から生じる雑務がなくなれば、ナレッジワーカーは自ら立てた計画を「達成できなかった」と感じなくなります。

テクノロジーがナレッジワーカーの負担を軽減する

燃え尽き症候群を防ぐ鍵となるのは、完全に納得できる形で、または満足できる形でタスクが完了したとワーカーが感じられるように、義務に伴う雑務を減らすことです。やり方はいろいろありますが、1つの戦術として、リモート参加メンバーとのつながりを確立するワークフォーステクノロジーを活用することで、会議の生産性をできるだけ高めて、楽しく参加できるようにします。そのためには、会議参加者のコラボレーションを容易にし、生産的でフラストレーションの少ない会議を実現するテクノロジーが必要になります。

たとえば、Bose Workは、快適で生産性が高く、接続問題や品質問題の影響を受けない効果的なハドルスペースや会議エリア、他のワークスペースの設計を支援するソリューションスイートです。このスイートは、Bose Videobar VB1(リモート会議に優れた画質と音質を実現、音声をアクティブに捉えてノイズを遮断する自動ビームステアリングマイク搭載、発言していないときに毎回ミュートする手間を省略)、4KウルトラHDカメラ(リモート参加でも室内のホワイトボードの文字を読み取り可能)、Bose Noise Cancelling Headphones 700 UC(アダプティブなマイクシステムとパーソナライズされたノイズキャンセリングを提供し、会話を妨げる要素を最小限に抑えて、あらゆるスペースで作業効率を向上)で構成されます。

オフィスに復帰したワーカーに対しては、音声システムを統合した会議室向けのカンファレンスシステムを導入することで、働き方を大幅に変えることができます。たとえば、ボーズスピーカー、天井埋込型マイク、アンプ、デジタル信号プロセッサー(DSP)で構成されるBose Ceiling Audio Solutionsは、あらゆる会議室に明瞭な音声をもたらすだけでなく、ZoomやMicrosoft Teamsなどのビデオプラットフォームとも統合できるため、あらゆる場所からアクセスするワーカーときわめて容易につながることができます。

テクノロジーは、ワーカーの作業を複雑にするのではなく、シンプルにすべきものです。使いやすくシームレスな会議ソリューションは、自然なコミュニケーションとコラボレーションを実現し、セットアップも短時間で完了します。技術な作業で時間を無駄にせず、生産的な作業により多くの時間をかけることができます。

適切なテクノロジーソリューションをワーカーの環境に組み込み、各自が負担する作業量を見直して、付加価値の高い作業を優先し、価値の低いタスクを減らすことで、ナレッジワーカーの生産性が高まり、ストレスが減少します。その結果、多くのワーカーが現在直面している燃え尽き症候群のリスクを回避できるはずです。