お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

オーディオシステムのアップグレード: 適切なタイミングを把握するには

テクノロジーと業務が発展し、特にパンデミックの影響で急速なデジタル移行を余儀なくされた結果、オーディオの劣化がかつてないスピードで進行しています。企業や組織、さまざまな機関は、イベント、顧客体験、従業員会議向けに、プロレベルの品質を誇るオーディオシステムを常時確保する必要があります。

しかし、IT担当者や施設管理者はオーディオシステムをアップグレードすべきタイミングをどのように把握すればいいのでしょうか?ここでは、オーディオシステムのアップグレードのきっかけとなる重要な兆候をいくつか紹介し、そのプロセスを合理化する方法を解説します。

よくある危険な兆候

最高のオーディオシステムを導入しても、いずれはアップグレードが必要になります。ライフサイクルの後半に入ると、ハードウェアの性能と効率は必然的に低下するためです。しかし、視力と同様、こうしたシステムの劣化は徐々に進むため、新しいシステムが登場するまでその劣化に気付かない可能性もあります。

以下のような早期警告の兆候に注目することで、不具合に気付き、アップグレードを検討し始めることができます。

  • 既存のオーディオ機器でサウンドの不具合が発生したり、頻繁に修理が必要になる
  • 音質、音量、反応速度がユーザーのニーズに見合わなくなる
  • デザインが古くなり、人間工学やビジュアル面で問題が生じる
  • ケーブルの束により、物理的な安全上の危険が発生する
  • ビジネスの物理的な拡張により、当初のサウンドシステムでは対応できなくなる
  • 新たな仮想プラットフォームにより、現在のオーディオシステムでは対処しきれないさまざまなサウンドニーズが発生する
  • 新たなポリシーにより、機能やラインナップが増加し、従業員の期待が高まる
会議室で議論する従業員のグループ

オーディオシステムをアップグレードすることで、会議室からイベントスペースにいたるあらゆる空間の音質を改善できます。

危険な兆候が1つ発生すると、別の兆候も立て続けに見つかるということは珍しくありません。こうした兆候を事前の警告と捉え、問題が雪だるま式に悪化する前に対処することをお勧めします。対応が後手に回るほど、コストが上昇する可能性があります。

アップグレードと移行の管理

オーディオシステムのアップグレードの成功を左右するのは、堅実な移行計画です。オーディオシステムのアップグレードロードマップを作成する際に、考慮すべき要素がいくつかあります。

  • 新しいサウンドシステムを設置する空間の評価: 対象となる空間の現在の使用方法と今後の活用方法を明らかにすることが重要です。たとえば、主にリモートの従業員とのビデオ会議に使用する小会議室には固有のニーズがあります。この要件を把握することで、空間の目的に対してどのようなシステムやソリューションが最適なのか判断しやすくなります。
  • プロのオーディオビジュアルパートナーの助言: システムアップグレードのビジョンが明確だとしても、そのビジョンを効率的に実現可能な計画として具現化するには、テクノロジーに精通しているエキスパートが必要です。プロフェッショナルのオーディオビジュアルパートナーは、ビジョンの弱点となる部分を指摘し、課題を予測して、混乱を最小限に抑えた移行計画を提案してくれます。さらに、新しいシステムの運用とメンテナンスに関するトレーニングも実施できます。
  • アップグレードのタイミング: 旧システムから新システムに移行する際は、大規模なイベントが開催されない時期を選んだり、スタッフが現場から離れるタイミング(週末や定期的なシャットダウンの予定など)に合わせるなど、適切なタイミングを把握すると効果的です。適切なタイミングを選ぶことで、新しいサウンド機器の設置による混乱を最小限に抑えることができます。

アップグレードする主な空間

オーディオシステムをアップグレードすると、ビジネスや組織のあらゆる部分を強化できますが、以下の空間のアップグレードを行うと特にメリットがあります。

会議室

会議室は、今日のハイブリッドワークフォースモデルに対応するために不可欠な空間です。オーディオビジュアルシステムは、プロ品質のオーディオ再生、インテリジェントな録音、必要なビデオ機能を提供するものでなくてはなりません。運用の容易さは重要です。複雑すぎると、IT担当者はトラブルシューティングに膨大な時間を取られることになり、課題に延々と対処しなければなりません。

Bose Videobar VB-SBose Videobar VB1などのVideobar機器は、Zoom、Google Meet、Microsoft Teamsといった現在主流のコラボレーション・コミュニケーションプラットフォームで必要とされるオーディオ/ビデオ機能を提供します。柔軟性も備えているため、個別の会議スペースに合わせて最適化することができ、上質なサウンドと画像により、日常のワークフローの延長となる自然なコラボレーションを実現できます。それに加え、運用も容易です。多大なITサポートを必要とせず、スタッフが各自会議を設定して実施できます。

講堂やイベントスペース

メインイベントスペースのオーディオシステムをアップグレードし、大胆なサウンドアレイや目立たないサウンドシステムオプションを導入することで、イベント出席者の体験が一変し、企業ミーティングが本格的なイベントへとレベルアップします。

現代のテクノロジーがあれば、最大規模の空間でもサウンド体験を容易に最適化できます。たとえば、DeltaQテクノロジーは、さまざまな形状の客席エリアにサウンドを正確に届け、リスニングエリアにおいて卓越した音質とクリアな音声を実現する選択可能なカバレージパターンを備えた、次世代のアレイスピーカーデザインを生み出します。

美観を重視するスペースであれば、EdgeMaxなどのテクノロジーにより、薄型設計のオーディオを天井に埋め込むことで、あらゆる建築ビジョンに対応できます。さらにカスタムが必要なスペースであれば、DesignMaxなどのソリューションが提供する15種類のオプションを利用して、それぞれの空間に合わせてサウンド体験を微調整できます。

ロビーやホール

ロビーやホールといった一般的な空間の音質は、プロレベルのサウンド体験とは無関係のように思えますが、実は重要です。アナウンスやBGMの明瞭度を高めることで、従業員体験や顧客体験が改善され、重要なメリットが得られます。人通りの多いエリアには、独自の構成とニーズが伴うものです。FreeSpace FSなどのオプションがあれば、ソリューションを容易に構成できます。

サウンドの活性化

劣化したオーディオソリューションは、あらゆる業界の企業、組織、機関に課題を突き付け、多大なメンテナンスの問題を生む可能性があります。あらゆるものの開発と作用が急速に進んでいることを考えれば、オーディオビジュアルのレーダーに現れる不吉な兆候がいきなり全面崩壊に発展し、アップグレード以上のコストに膨れ上がるということが起こり得ます。

オーディオシステムをアップグレードすることで、劣化した機器がもたらす課題を一掃し、今日の組織が求める合理的なオーディオサウンドを得ることができます。組織のハードウェアライフサイクル管理計画の一環として、オーディオビジュアルシステムを含む機器の性能と使用年数を見直す必要があります。こうした取り組みは、現在のビジネス界の急速に変化するニーズを満たすために不可欠です。