お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

ハイブリッドな教室環境を構築するためのビデオ会議のセットアップのヒント

教室は急速な進化を遂げ、ハイブリッドな学習環境に対応するようになりました。こうした環境では、バーチャルと対面の講義を組み合わせることで、生徒が実際の教室や自宅から授業に参加できるようになっています。ハイブリッドな教室を構築するための鍵は、高品質なビデオ会議のセットアップに他なりません。ここでは、効果的なハイブリッド学習環境を構築するためのヒントと、テクノロジーのトレーニングにより、どのようにして関係者全員がハイブリッドな教室の体験を最大限に活用できるようになるかをご紹介します。

ビデオ会議のセットアップを最適化して、ハイブリッドな教室を実現

教室に初めてバーチャルが導入されたとき、生徒のリモートでの授業への参加を可能にするテクノロジーを導入するにあたり、学校や大学は大きな重圧を抱えていました。その後、急速に使い方を習得した教員の多くが、可能な限り効果的な学習環境を実現できるビデオ会議システムの導入を求めるようになりました。これを念頭に置き、ここではハイブリッドな教室を実現するビデオ会議のセットアップに関して、4つの考慮事項をご紹介します。

1. 音質がハイブリッドな授業の成功を左右する:  教室は、生徒が紙をめくる音、カバンを床に置く音、席に着く音など、ノイズが非常に多い環境と言えます。小さな音に思える周囲のノイズでも、リモートで参加している生徒にとっては授業の邪魔になる可能性があります。こうした一般的な課題に対処できるテクノロジーの使用を検討するとよいでしょう。たとえば、Bose Videobar VB1のようなソリューションを使用することで、ノイズを自動的に除去し、すべての参加者に最適化された音声を届けることができます。

2.生徒に必要なテクノロジーを把握する: リモートの生徒が参加するためには、特定のテクノロジーが必要になります。多くの場合、こうしたセットアップには、ビデオカメラやマイクに加え、ビデオ会議をサポートするのに十分なネットワーク帯域幅が含まれます。また、学校に導入されているビデオ会議システムとの互換性を保証するため、特定の要件を満たす必要がある場合もあります。自宅環境の周囲のノイズが原因で、生徒が授業の内容を聞き取ったり、集中したりするのが難しい場合があります。この場合、そうしたノイズをブロックするノイズキャンセリングヘッドホンが有用です。

席について授業を受けている生徒たち。

ハイブリッドな授業の成功は、ビデオ会議が効果的にセットアップされているかどうかに左右されます。

3. ハイブリッドな学習はすべての人に合う万能なアプローチではない:  障がいを持つ生徒は、一般的なビデオ会議を他の生徒が感じているほど利用しやすいとは感じられないことがあります。教師が障がいを持つ場合も、授業に必要なビデオ会議テクノロジーを効果的に使用するためには、職場を適応させなければならないことがあります。そうした生徒や教師と事前に相談して、全員が十分に参加できるよう支援するテクノロジーがあるかどうかを検討しましょう。

4.それぞれのスペースに適したソリューションを選ぶ:  大規模な講義用の部屋に適したソリューションが小規模な教室に適しているとは限りません。この逆もまたしかりです。たとえば、大型のスペースでは、専用の会議プロセッサーやエンドポイントを装備し、スピーカーとエコーキャンセリング機能を搭載した統合型ビデオ会議ソリューションが効果的です。一方、オールインワン会議ソリューションは、より小規模な教室やハドルルームなどに適しています。

教員にビデオ会議テクノロジーのトレーニングを実施

授業でのビデオ会議の効果的な使用方法を教員にトレーニングすることで、IT管理者はハイブリッドな教室の成功に大きく近づくことができます。EdTech Magazineは、教員にテクノロジーのトレーニングを提供することが望ましいと指摘しています。このとき、ハイブリッドな環境に対応した教材を使うことで、ハイブリッドな授業により自信が持てるようになるとしています。特に、障がいを持つ生徒が支援のためのテクノロジーを必要とする場合など、子どもたちのリモート学習への参加を後押しする立場の保護者や介護者についても同じことが言えます。

AV担当の技術者を配置している学校は、こうしたスタッフに対してビデオ会議テクノロジーのトレーニングを十分に実施することで、スタッフが知識に基づいたサポートを提供できるようになります。また、新しいハードウェアやソフトウェアを導入すると、ハイブリッドな教室環境のワークフローに影響を及ぼす場合があります。このことを考慮して、ビデオ会議システムの一部に変更があった場合や、新しい機能が公開された場合には、必ず最新のトレーニングを提供するようにしましょう。

効果の高いハイブリッドな教室環境を構築

ハイブリッドな学習が標準になっている中、教育施設では、将来的な発展に合わせて拡張できる柔軟なビデオ会議のセットアップを行うことが不可欠となっています。また、教員や生徒のバーチャル学習の上達を助ける定期的なトレーニングも非常に重要です。こうした2つの要素に事前に対処し、継続して取り組むことにより、ハイブリッドな授業を通じて有意義な教育を実践できるようになります。