FS3-2 / FS3-4 (Surface-mount satellites)
FreeSpace® 3 Surface-Mount Satellites

FS3-2 / FS3-4 (Surface-mount satellites)

FS3-2
推奨小売価格
¥82,000

FS3-4
推奨小売価格
¥104,000

概要

Bose FreeSpace 3 surface-mount satellitesは、音声や音楽の高音質再生と広い周波数の再現力が求められる小~中規模の常設用として設計された、広いレンジを持つハイパフォーマンスなスピーカーです。

屋内専用。

機能

サブウーファー/サテライトスピーカーシステム: 音声や音楽の高音質再生と広い周波数の再生を実現し、小売店、飲食店、宿泊施設などの幅広い用途に最適

モジュール設計: 1台のAcoustimassベースモジュールにつき2台または4台のサテライトスピーカーを使用でき、ベースモジュールをパラレル接続できる柔軟な設計

自由な組み合わせ: 部屋のインテリアやレイアウトに合わせて露出型や天井埋め込み型コンポーネントを組み合わせ、様々な用途に使用できます。

天井埋め込み型コンポーネント: オプションのプレナムカバーを使用して、通気性を確保

70/100V/ローインピーダンスを選択可能: Acoustimassベースモジュール上でトランスのタップを選択可能

ステレオまたはモノラル: ステレオまたはモノラルでの動作を設定可能

用途

  • 小売店
  • レストラン、バー
  • ロビーおよび会議室

仕様

技術概要

周波数特性(+/-3 dB)
50 Hz~16 kHz(システム)
210 Hz~16 kHz(サテライトスピーカー)

周波数レンジ(-10 dB)
40 Hz~20 kHz(システム)
170 Hz~20 kHz(サテライトスピーカー)

指向特性(公称)
170°円錐型

許容入力(連続)
システム: 70/100 V: 200 W(800 W peak)
システム(ローインピーダンス): 100 W(400 W peak)
サテライトスピーカー: 12W(48Wピーク)

感度(SPL/1W @ 1 m)
82 dB SPL(システム)
84 dB SPL(サテライト)

最大音圧レベル @ 1 m
システム: 93 dB(45,000立方フィートの空間で99 dB SPL peak、RT60で1秒間測定、+/- 3 dB)
サテライトスピーカー: 95 dB(101 dB SPL peak)

インピーダンス(公称)
4キューブシステム: 6 Ω/チャンネル
2キューブシステム: 5 Ω/チャンネル(露出型)、
6 Ω/チャンネル(天井埋め込み型)

外形寸法

FreeSpace 3 Surface Satellite

製品コード

サテライトスピーカー

露出型 - ブラック
040144 - ペア

露出型 - ホワイト
040143 - ペア

ダウンロード

機械的仕様

マニュアル

ソフトウェア:

アクセサリー

FreeSpace 3 Series I Acoustimass bass module
FreeSpace 3 Series I Acoustimass bass module
FreeSpace 3 Series II Acoustimass module(日本未発売)
FreeSpace 3 Series II Acoustimass module(日本未発売)
FreeSpace® omni pendant-mount kit (single)
FreeSpace® omni pendant-mount kit (single)

よくあるご質問

FreeSpace 3 systemとはどのような製品ですか?

FreeSpace 3 systemは、高品質でフルレンジの目立たないスピーカーシステムで、優れた柔軟性とコストパフォーマンスを実現します。FreeSpace 3 businessは、天井埋め込み型および露出型のサテライトスピーカーと、同じく天井埋め込み型または露出型Acoustimass bass moduleを組み合わせた、天井への埋め込み設置、吊り下げ設置、または壁面への設置に対応したシステムです。
 

FreeSpace 3 systemでは何が新しくなりましたか?

このシステムは、天井埋め込み型Acoustimass bass moduleを元の露出型コンポーネントに追加するもので、硬質天井やタイル天井、壁面に簡単に設置できます。露出型ソリューションを利用できない場合でも、新しい天井埋め込み型サテライトスピーカーが最適なソリューションを提供します。プロジェクトでは、顧客の要件に応じて、露出型/天井埋め込み型スピーカーを組み合わせることができます。
 

FreeSpace 3 systemで変わっていない点は何ですか?

従来どおり、多くのお客様に最適な商業空間向け音楽システムを提供します。天井埋め込み型のAcoustimass bass moduleは、露出型のFreeSpace 3 Acoustimass bass moduleと同等の音響性能を有しています。天井埋め込み型サテライトスピーカーの音響性能は、露出型サテライトスピーカーの音響性能に匹敵します。

新しいFreeSpace 3 Acoustimass bass moduleの新しい機能について教えてください。

ビジネス向け音楽システム用途における低音性能の追加がシンプルでリーズナブルになりました。すべて天井埋め込み型で構成されるパッケージのAcoustimass bass moduleでは、プロジェクトにフルレンジサウンドの深みのある豊かな体験を提供します。Acoustimass moduleは、天井や壁面への埋め込みや吊り下げ、または壁面への平面設置など、部屋のどこにでも設置できます。

FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleは他のスピーカーと併用できますか?

定電圧システムにおける天井設置型ベースユニットが必要な場合には、FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleを使用できます。平面設置アクセサリーキットを使用して、壁面に取り付けることもできます。

新しい埋め込み型サテライトスピーカーについて教えてください。

FreeSpace 3 flush satelliteは、露出型サテライトスピーカーに匹敵する音響性能を備えた、シンプルで操作が簡単な天井埋め込み型パッケージです。オプションのコスメティックカバーを使用すると、吹き抜けの硬質な導管から吊り下げて設置することもできます。

新しい露出型キューブと従来のキューブとの違いは何ですか?

違いはありません。これらは同じ製品です。音響性能は同じです。ただし、天井埋め込み型スピーカーはまっすぐ床に向けて設置されており、露出型スピーカーは部屋の壁面に設置されているため、空間的な音響の違いはあります。

天井埋め込み型サテライトスピーカーと露出型サテライトスピーカーの違いは何ですか?

露出型はギロチンコネクターを備えており、壁掛けブラケットが同梱されています。天井埋め込み型は2ポジションターミナルブロックコネクターを備えており、インテグラルマウンティングアームが同梱されています。これらは取り付けポイントを備えており、硬質なパイプなどから吊り下げ設置したり、オプションのペンダントマウントカバーを使用したりできます。プレナムカバーを使用すると、空調(プレナム)空間内に設置することもできます。

FreeSpace 3 Series I Acoustimass bass moduleとSeries II Acoustimass bass moduleの違いは何ですか?

露出型FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleと天井埋め込み型FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleは、同じ音響性能を提供します。
 

FreeSpace 3シリーズの天井埋め込み型モデルと露出型モデルは、組み合わせて使用できますか?

はい。自由に組み合わせて使用できます。天井埋め込み型のFreeSpace 3 Satellites/Acoustimass bass moduleと露出型のFreeSpace 3 Satellites/Acoustimass bass moduleと組み合わせて使用することができます。Acoustimass bass moduleをデイジーチェーン接続して、2つ以上のFreeSpace 3 systemを同時に設置することもできます。

ブラケットや部品は同梱されますか?

露出型サテライトスピーカーは2台1組での販売です。壁掛けブラケットまたは天井吊り下げブラケットが2組付属します。

天井埋め込み型サテライトスピーカーは2台1組でお届けします。オプションのタイルブリッジまたはラフインパンを使用すると、設置者の好みや地域の建築に関する条例に応じて、タイル天井や硬質天井に設置することができます。

Acoustimass bass moduleは本体のみの販売です。硬質天井、タイル天井、壁面に取り付ける場合は、別途アクセサリーが必要です。
 

FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleを天井に設置する方法を教えてください。

吹き抜けに取り付ける場合は、オプションのペンダントマウントアクセサリーを使用します。タイル天井の場合は、タイルブリッジと簡単に設置できる一体型の取り付けアームを使用します。空調(プレナム)空間の場合は、一体型の取り付けアームに加え、プレナムカバーを使用します。硬質なデッキ天井には、ラフインキットを使用します。
 

FreeSpace 3 Acoustimass bass moduleを壁面に設置する方法を教えてください。

オプションの平面設置アクセサリーキットを使用します。ブラケットを壁面に取り付けて柱に固定します。タブをAcoustimass bass moduleに取り付け、アウタースリーブの上をスライドさせて、Acoustimass bass moduleをブラケットに掛けて固定します。Acoustimass bass moduleのケーブル接続の際には、ブラケットを下に向けます。
 

FreeSpace 3 Series II systemはどのようなアクセサリーに対応していますか?

サテライトスピーカー:

  • PC 029832: FreeSpace 3 flush satelliteタイルブリッジ(6パック)タイル天井への設置に使用します。一部地域の設置規格に準拠します。
  • PC 029853: FreeSpace 3 flush satelliteラフインパン(6パック)必要に応じて、硬質天井への設置に使用します。
  • PC 030097 FreeSpace 3天井埋め込みコスメティックカバー(ペア、ブラック)
  • PC 030098 FreeSpace 3天井埋め込みコスメティックカバー(ペア、ホワイト)
  • PC 031145 FreeSpace 3天井埋め込みプレナムキット(6パック)

Acoustimass bass module:

  • PC 029854 ベースモジュール用タイルブリッジ(6パック)タイル天井への設置に必要なオプションです。一部地域の設置規格に準拠します。
  • PC 029855 ベースモジュール用タラフインパン(6パック)硬質天井への設置に必要です。
  • PC 029829 ベースモジュール用平面設置キット1個ホワイト
  • PC 029828 ベースモジュール用平面設置キット1個ブラック
  • PC 030099 ペンダントマウントキット(ケーブル、アイボルト、コスメティックカバー)ブラック
  • PC 030100 ペンダントマウントキット(ケーブル、アイボルト、コスメティックカバー)ホワイト
  • PC 031146 FS3B 空調空間用プレナムキット

2.25インチドライバーのメリットは何ですか?

ボーズ独自の2.25インチドライバー設計により、高い信頼性と、ワイドな170°の円錐状のカバレージを実現しています。
 

対応しているタップ設定を教えてください。

新しい円形のFreeSpace 3 Acoustimass bass moduleでは、次のタップ設定が利用可能です。200W、100W、50W、25W(正方形ベースユニットと同様)フロントグリルとタップ設定のカバーを取り外します。200Wにあらかじめ設定されているジャンパー線を移動させます。ドライバーを使用して、ジャンパー線を設定するタップ設定の端子まで移動させ、ジャンパー線を留めて固定します。タップカバーとフロントグリルを戻します。

FreeSpace 3 systemにアクティブEQは必要ですか?

いいえ。このシステムの操作には、コントローラーやイコライザーモジュールは必要ありません。Acoustimass bass moduleでは、サテライトスピーカーに対する内部クロスオーバーを提供します。
 

FreeSpace 3 systemにはどのカラーがありますか?

タイルブリッジおよびラフインキットを除く全製品について、ブラックとホワイトをご用意しています。タイルブリッジおよびラフインキットは未塗装の金属製です。
 

FreeSpace 3 systemは塗装できますか?

Acoustimass bass moduleおよび天井埋め込み型キューブは、Krylon塗料または類似製品を使用して塗装することができます。天井埋め込み型キューブのグリルは塗装できません。
 

FreeSpace 3 systemを空調空間に設置できますか?

はい。FreeSpace 3 flush satelliteおよびAcoustimass bass moduleは、プレナムカバーを使用することにより、どちらも空調空間に設置することができます。
 

FreeSpace 3 systemは、火災/排気スピーカーの地域の条例に準拠していますか?

いいえ。こうした用途には、Model 16とFreeSpace 3 Acoustimass bass moduleをそれぞれ別チャンネルで使用することを推奨します。
 

保証について教えてください。

完全譲渡が可能な5年間の保証が付いています。