LT 9403
LT 9403

LT 9403

推奨小売価格
現行価格 ¥328,000
旧価格 ¥328,000

概要

中型ウェーブガイドと90°x 40°カバレージパターンは、単体で小規模空間のメインスピーカーとして、また、中~大規模空間で他のLTスピーカーと併用してコヒーレントゾーンアレイを形成する目的で設計されています。

屋内専用。

機能

90°x 40°のカバレージ: 大ホール、礼拝所、劇場、アリーナなどの短距離のアプリケーションに最適なカバレージ

フルレンジスピーカー: 15インチウーファーにより、低域スピーカーを追加することなく50 Hzまでの低音を提供。小規模空間に最適です

V2ドライバー: 2基の4.5インチ・エクステンディッドレンジコーンドライバーの出力を合わせることで、共振による歪みを低減し、トランジェントレスポンスを改善。8~12インチのウーファー1基の場合と比べて、より滑らかで自然なボーカルレンジを提供します。LT 9403 loudspeakerは、V2ドライバーを1基搭載しています

大型ウェーブガイド: 約300 Hz(水平)および1.5 kHz(垂直)に対して有効な90°x 40°パターンコントロールを提供。アレイ内でのスピーカーのオーバーラップを最小に抑え、コムフィルター干渉を低減し、明瞭性を改善します

用途

  • 屋内競技場
  • 教会
  • 大ホール
  • 劇場

仕様

技術概要

周波数特性(+/-3 dB)
50 Hz~16 kHz

周波数レンジ(-10 dB)
42 Hz~18 kHz

指向特性(公称)
水平90°x 垂直40°

感度(SPL/1W @ 1 m)
95 dB SPL

最大音圧レベル @ 1 m
122 dB SPL(128 dB SPL peak)

許容入力(連続)
500 W(2000 W peak)

インピーダンス(公称)
8 Ω

外形寸法

前面

上面

側面

製品コード

ブラック
040182

ホワイト
040183(特別注文のみ)

ダウンロード

マニュアル

機械的仕様

ソフトウェア:

アクセサリー

リギングハードウェア

LTスピーカーの取り付けおよびリギングアクセサリーは、Adaptive Technologies Group, Incのグループ会社であるATM Fly-Ware®社が製造および販売しています。認定業者/販売店は、ATM社から
リギングハードウェアを直接購入することができます。

Adaptive Technologies Group
1635 E. Burnett Street
Signal Hill, CA 90755 USA
電話: 562-424-1100
www.adapttechgroup.com

標準のATM Fly-Ware®の部品を使用した、推奨される一般的なLTアレイ構成(屋内用途のみ)については、Bose LTスピーカーシリーズのアレイアプリケーションガイドをご覧ください。     

よくあるご質問

新しいWRモデル導入にともなう、LT製品シリーズの主な変更点は何ですか?

  • Bose LT 3202/LT 4402/LT 9402/LT 9702(Series III)スピーカーは販売が終了しました。現在、屋外耐候性を高めた新製品LT 3202 WR/LT 4402 WR/LT 9402 WR/LT 9702 WRの各モデルが後継品として販売されています。
  • 新製品のMB12 WR/MB24 WRモジュラーベーススピーカーは「02」モデルの耐候性を備えています。現行のMB12/MB24(非WR仕様)スピーカーも継続して販売されます。
  • 新しいWRモデルはブラックのみ
  • LT 6400/LT 9400/LT 6403/LT 9403スピーカーは屋内向けで、変更はありません。
  • LT 3202 WRスピーカーはブラックをご用意(特注)
     

新しいLTスピーカーの音響性能や仕様は従来のSeries IIIモデルから変更がありますか?

いいえ。音響性能はこれまでと同じです。

耐候性を高めた新しいWRモデルの変更点は何ですか?

  • 外観仕上げは、トラックのベッドライナー塗装に似た2層吹付のポリウレタンコーティング(Chemthane 7030)仕上げにアップグレードされています。以前のLTスピーカー(および他社製品の塗装仕上げ)と比べてひっかき傷がつきにくく耐候性に優れています。
  • エンクロージャー内部を全面ポリウレタンシーラントコーティング
  • V2ミッドレンジマニホールドは新しいモールドインサートにより防水性を強化
  • 入力パネルとクロスーバー基板をエンクロージャーの防水セクションに移動。アクセスパネルに新しくガスケットを追加
  • ステンレスグリルはオープンセルフォームの保護材により雨や埃の侵入から保護

新しいWRモデルの耐候性(IP等級)を教えてください。

ステンレスグリル裏側のオープンセルフォームは、吹きつける雨や埃に優れた保護性を発揮します。最初の数字がIP等級で防塵等級を表しています。「5」の防塵IP等級では、埃の侵入に加え、直径1 mm(0.03937インチ)のワイヤーがエンクロージャーに入らないことが条件とされています。LT製品シリーズのスピーカーのグリルは、1 mmの固形物体の侵入に対する保護性能を備えていないため、最初の数字を明記してIP等級を示すことは行っていません。しかしながら、WRモデルは十分な防塵/防水性能を備えています。

防塵性能のIP等級に「X」(非適合)が記されているのはなぜですか?

ステンレスグリル裏側のオープンセルフォームは、吹きつける雨や埃に優れた保護性を発揮します。最初の数字がIP等級で防塵等級を表しています。「5」の防塵IP等級では、埃の侵入に加え、直径1 mm(0.03937インチ)のワイヤーがエンクロージャーに入らないことが条件とされています。LT製品シリーズのスピーカーのグリルは、1 mmの固形物体の侵入に対する保護性能を備えていないため、最初の数字を明記してIP等級を示すことは行っていません。しかしながら、WRモデルは十分な防塵/防水性能を備えています。

旧LT Series IIIスピーカーの一部は、「屋外でカバーが必要」と評価されていました。新しいWRは雨風にさらされる屋外で使用できますか?

はい。

LT WRスピーカーを屋外に設置する場合の推奨事項は何ですか?

  • LT WRスピーカーの垂直設置
  • スピーカーを下向きに3~5度以上傾けて取り付けること
  • 使用していない入力コネクターには付属のラバーキャップを取り付けること
  • 外観に傷や破損があればただちに修理すること。外装に傷があると、合板に水分が侵入して、エンクロージャーの構造に損傷を与えます。このため、外装に破損が見られる場合は、ただちに破損個所を密封する必要があります
  • 屋外向けの設置用品とリギングハードウェアは、屋外使用向けに適切に処理されたものを使用すること。リギングハードウェアの使用については、必ず専門家または販売業者にご相談ください
  • スピーカーとリギングには、法規制の知識を持った資格のある管理者が定期的に点検を実施すること(少なくとも1年に1回)

LT WRスピーカーを屋外に設置する場合の温度範囲制限を教えてください。

LTシリーズのスピーカーには、徹底した品質保証と信頼性テストが行われています。テストの結果、通常動作温度は70° C~-20° C、移動時・保管時の温度は70° C~-40° Cです。
 

LT WRスピーカーを屋外に設置する場合、避けるべき環境はありますか?

海水の飛沫や湿度による腐食を考慮して、海の近くでの設置はお勧めしません。条件によって大きく異なりますが、一般的には海岸から0.8 km程度を目安にしてください。

ボーズで、LTシリーズ用のリギングアクセサリーを取り扱っていますか?

ボーズで、LTシリーズ用のリギングアクセサリーを取り扱っていますか?

いいえ。一般的なアレイ構成(屋内用のみ)向けに、ATM Fly-ware社(Adaptive Technologies Group, Inc.のグループ会社)が製造・販売するリギングアクセサリーをお勧めしています。詳しくは、ボーズのLTスピーカーのアレイアプリケーションガイドをご覧ください。認定業者/販売店は、ATM社からリギングハードウェアを直接購入することができます。

Adaptive Technologies Group
1635 E. Burnett Street
Signal Hill, CA 90755 USA
電話: 562-424-1100
www.adapttechgroup.com
 

新しいLTシリーズのスピーカーの推奨EQとクロスオーバー設定に変更はありますか?

いいえ。推奨EQとクロスオーバー設定はSeries IIIモデルから変わっていません。

LTシリーズのスピーカー用推奨EQ/クロスオーバー設定の入手方法を教えてください。

Bose ControlSpace ESP-88 engineered sound processorにはLTシリーズ用のプリセットが搭載されています。クロスオーバー/パラメトリックEQ値をダウンロードして、ボーズ製以外のDSPユニットで使用することも可能です。EQのダウンロードについては、ControlSpaceスピーカーEQデータベースをご覧ください。
 

LTスピーカーの保証について教えてください。

Bose professionalスピーカーの全製品には、音響装置に5年、外観上の不具合に2年の保証が適用されます。一部対象外となる可能性があります。詳細な保証の諸条件については、製品保証をお読みください。
 

LTスピーカーを別の色に塗り替えることはできますか?

はい。LTシリーズのスピーカーは塗装業者による塗装が可能です。KRYLONの各種スプレー塗料をはじめ溶剤含有タイプのものが使用できます。エンクロージャーの塗装には、グリルやフォーム材の取り外しなど、いくつか注意が必要です。LTスピーカーの塗装について詳しくは、各地域のBose Professional担当者までお問い合わせください。