Panaray® 802® Series IV
Panaray®  802® Series IV

Panaray® 802® Series IV

推奨小売価格
現行価格 ¥107,500
旧価格 ¥107,500

概要

Panaray 802スピーカーはフルレンジドライバーアレイを搭載。ツイーターやクロスオーバーが不要で、卓越した信頼性とボーカルクラリティを提供します。アーティキュレイテッドアレイ設計と120° x 100°のワイドなカバレージにより、少ない数のスピーカーで空間を効率よくカバー。また、52 Hzまで再生する低域特性によりサブウーファーがなくてもフルレンジ再生が可能です。屋内、屋外を問わず、多様な用途のスピーカーとして、費用対効果に優れたソリューションを提供します。

機能

フルレンジドライバーアレイ: クロスオーバーとツイーターを使用せずに、過酷な環境下での信頼性を高め、ボーカルクラリティを実現

8 x 4.5インチフルレンジドライバー: ボーズ伝統の高い信頼性を実現

120°x 100°アーティキュレイテッドアレイ設計: 広域なカバレージを実現し、より少ない数のスピーカーでの構成が可能

52 Hz~15 kHzの周波数レンジ: 一定の音量でのサブウーファーの必要性を低減

123 dB(ピーク)の最大音圧レベル: 音声の再生とフォアグランド音楽に最適

頑丈で軽量なエンクロージャー: インサートにより簡単に設置可能

耐候設計: 屋内および屋外に設置可能

アクティブEQが必要

用途

  • 大ホール
  • 体育館
  • レストラン、バー
  • フィットネスクラブ
  • テーマパーク
  • 屋外のイベント会場

仕様

技術概要

周波数レンジ(-10 dB)
52 Hz~15 kHz

指向特性(水平 x 垂直)
水平120°x 垂直100°

許容入力(連続)
ボーズ長期間ライフサイクルテスト⁴: 240 W
AESトランスデューサーテスト⁵: 300 W

許容入力(ピーク)
ボーズ長期間ライフサイクルテスト⁴: 960 W
AESトランスデューサーテスト⁵: 1200 W

感度(SPL/1W @ 1 m)
92 dB SPL

最大音圧レベル(@1 m、計算値)
ボーズ長期間ライフサイクルテスト⁴: 116 dB SPL
AESトランスデューサーテスト⁵: 117 dB

最大音圧レベル(peak、@1 m、計算値)
ボーズ長期間ライフサイクルテスト⁴: 122 dB
AESトランスデューサーテスト⁵: 123 dB

インピーダンス(公称)
8 Ω

外形寸法

上面

左面

前面

右面

背面図

底面

製品コード

ブラック
739058-0110

ダウンロード

機械的仕様

技術情報

製品の画像

マニュアル

ソフトウェア:

アクセサリー

SB-8 flying bracket
SB-8 flying bracket
WCB802IV Panaray® IV U-Bracket
WCB802IV Panaray® IV U-Bracket
WBP-8 bi-pivot wall bracket
WBP-8 bi-pivot wall bracket

よくあるご質問

Panaray 802 Series IVは、802 Series IIIとどのように違いますか?

音響設計とトランスデューサーに変更はありません。エンクロージャーが新しくなり、フロントカバーがなくなりました。また、各サイドの2つのM8ネジ穴にオプションのUブラケットを取り付けることができます。さらに、推奨EQも更新され、壁掛けや天井埋め込みに合わせてパフォーマンスが最適化されました。

Panaray 802 Series IVはアクティブEQを必要としますか?

はい。Panaray 802 Series IV loudspeakerにはアクティブEQが必要です。これは、Bose Professional PowerMatchアンプ、Engineered Sound Processor、SP-24 processorsに内蔵されています。また、汎用のパラメトリックEQ値もボーズ製以外のアンプとDSPで使用できます。

Panaray 802 Series IIIのフロントカバーは新しい802 Series IVのエンクロージャーに取り付けできますか?

いいえ。802 Series IVのエンクロージャーはフロントカバーを取り付けできません。

従来型のウーファーとツイーターの2ウェイ構成に比べて、フルレンジドライバーを使用するメリットは何ですか?

ボーズのフルレンジドライバーは、クロスオーバーとツイーターを使用することなく、過酷な環境下での信頼性を高め、自然で明瞭なボーカル再生を実現します。業界で最も信頼性のあるトランスデューサーは、最初の設置から5年経過しても99.9 %の稼働率を誇ります。

Articulated Arrayデザインのメリットは何ですか?

Bose Panarayスピーカーではフルレンジドライバーを採用しているため、独自のドライバーアレイ配列によりワイドで一貫した水平カバレージとともに、さまざまな用途に合わせてモデルごとに異なる垂直カバレージが得られます。Panaray 802 Series IVの水平カバレージ(120°)と垂直カバレージ(100°)は、ボーズスピーカーの中でも最も広いカバレージパターンで、リスニングエリアに必要なスピーカーの数が少なくすみます。

802 Series IVの新しいアクセサリーのUブラケットは以前の802モデルに使えますか?

いいえ。新しいアクセサリーのUブラケットは新しい802 Series IVモデル専用です。

音響設計が変更されていないのに、802 Series IV loudspeakerの推奨EQが変更された理由は何ですか?

802 Series IIIの推奨EQは、ポータブルなスタンドマウント用途に最適化されています。802 Series IV EQは、壁や天井などに設置した際のバウンダリー効果を考慮して最適化されています。802 Series II EQは、802 Series IVで使うこともできますが、最大音量レベルが若干下がります。

Bose Professionalスピーカーの保証期間を教えてください。

Bose Professional Systemsのスピーカーおよび製品は、要求の厳しい条件下でも、長期間にわたって卓越した性能をお届けできるよう設計されています。特定の製品シリーズの保証については、保証をご覧いただくか、ボーズ営業担当までお問い合わせください。