L1® Compact system
L1 Compact Portable Line Array System

L1 Compact Portable Line Array System

推奨小売価格
現行価格 ¥148,000
旧価格 ¥148,000

概要

L1 Compactは、オリジナルL1シリーズの1つであり、ボーズが生み出した新たなポータブルPAカテゴリーを確固たるものにしました。6基のドライバーを搭載したアーティキュレーテッドラインアレイにより、180°の水平カバレージを提供。アコースティックミュージシャンのためのウルトラポータブルなオールインワンサウンドシステムとして、またDJのための補助PAとして、さらには庭でのパーティー、一般向けのスピーチやイベントなどで、優れた性能を発揮します。複雑さを最小限に抑えながら、卓越したクリアなサウンドを求めるなら、L1 Compactが最適です。1度で持ち運べて、1分で設置して、会場内をボーズのサウンドで満たし、オーディエンスを惹きつけます。

機能

クリアなフルレンジサウンドとスムースな音質: ミュージシャン、DJの補助PA、音楽再生、庭でのパーティー、一般向けのスピーチに最適

ワイドで均一なサウンドカバレージ: 6基の2インチネオジウムドライバーを搭載したC字型のアーティキュレーテッドラインアレイと180°の水平カバレージ

内蔵型のベースモジュールによる豊かなサウンド: 65 Hzまでの低域パフォーマンスを実現

1度で持ち運べて、1分で設置: 重量わずか13 kgのモジュラー式3分割システムで、収納、持ち運び、組み立てが簡単

さまざまなオーディオソースを簡単に接続: ボリュームコントロール、XLRマイク入力、1/4インチ楽器入力、RCAステレオ入力、1/8インチステレオ入力、1/4インチバランスライン出力、およびRCAステレオ出力を備えたミキサーを内蔵

ToneMatch EQプリセットで瞬時にサウンドを最適化: チャンネル1にはダイナミックマイクプリセット、チャンネル2にはアコースティックギタープリセットを搭載

オーディエンスの規模に応じた3つの設置構成: 一番上のポジションに設置すると大規模イベントに、中間ポジションで中規模空間に、一番低いポジションで小規模な集会に最適

仕様

技術概要

周波数特性(+/-3 dB)
65 Hz~14 kHz

周波数レンジ(-10 dB)
50 Hz~16 kHz

指向特性(公称)
水平180°x 垂直40°

最大音圧レベル @ 1 m
106 dB SPL(112 dB SPL peak)

外形寸法

前面

背面

側面

上面

製品コード

ブラック
318882-1101

ダウンロード

機械的仕様

マニュアル

アクセサリー

T4S ToneMatch Mixer
T4S ToneMatch Mixer
T8S ToneMatch Mixer
T8S ToneMatch Mixer

FAQ

L1 Compactシステムはどのような製品ですか?

L1 Compactは、100名規模のイベントに使用できる、小型で携帯性に優れたL1システムです。1度に持ち運べ、1分で設置して、1台で空間全体を満たします。

L1 Compactポータブルラインアレイシステムは、他のL1ポータブルラインアレイシステムとどこが違いますか?

L1 Compactは、コンパクトなL1システムで、1度に持ち運びできます。コンポーネントを連結するだけで使用できるので、スピーカーの配線が不要で、わずか1分で設置できます。PAとモニターを1台のスピーカーシステムに統合し、優れた水平カバレージを実現します。また、ToneMatchシグナルプロセッシング機能を搭載しています。ボーズのエンジニアが設計したユーザーインターフェースは一般ユーザーにとっても操作しやすく、熟練のミュージシャンにも納得の機能を搭載しています。

さらに、L1 Compactは2つの独自のポジションのセットアップができ、各種用途に対応可能な唯一のL1ポータブルラインアレイシステムです。

  • フロア設置ポジション: 多人数向けの会場にお勧めです。L1 Compactのスピーカーをフロア設置ポジションにすると、大規模な会場でも明瞭なサウンドが全体に拡がります。L1 Compact systemには、アレイを高い位置に設置するための2本のエクステンションバーが付属しています。フロア設置ポジションは、演奏やDJイベント、または大勢に向けた演説などに適しています。
  • テーブル設置ポジション: 少人数向けの会場にお勧め。L1 Compactのスピーカーをテーブル設置ポジションにすると、パワースタンドの前面に収納できるので、とてもコンパクトになります。このポジションで使用する場合、システムはテーブルまたは演壇の上に設置してください。明瞭なサウンドが会場全体に拡がります。テーブル設置ポジションは、少人数向けの演奏、プレゼンテーション、スピーチ、音楽再生などに適しています。

システムをフロア設置ポジションにする方法を教えてください。

  • スピーカーアレイを引き上げてパワースタンドから取り外します。
  • 1本のエクステンションの底面にあるプラグを、パワースタンドのソケットに合わせます。
    注: L1 Compactの2本のエクステンションは同じものです。上下の区別はありません。
  • エクステンションをパワースタンドに差し込みます。下部エクステンションは必ず完全に差し込んでください。これで接続が完了します。
  • もう1本のエクステンションを合わせて接続し、しっかりと押し込みます。
  • L1 Compactのスピーカーを合わせて接続し、しっかりと押し込みます。
     

L1 Compactをテーブル設置ポジションで使用するときの最適な設置方法を教えてください。

テーブル設置ポジションは、一般に小さな会場向けです。システムがテーブル設置ポジションになっている場合、テーブル上に設置して、会場内の全員に音声が届くようにすることを推奨します。システムは演奏者や発表者の後ろ、または横に置いておけます。音声は物体を回り込む性質がありますが、演奏者の後ろに設置する場合は、演奏者とシステムは少し離しておくと効果的です。
 

Spatial Dispersionスピーカーテクノロジーとは何ですか?

Spatial Dispersionスピーカーテクノロジーはボーズ独自の技術で、スピーカーのドライバーの配置によって、1つのスピーカーシステムから部屋全体にクリアでパワフルな、バランスの取れたサウンドを提供することができます。システムの真横でも均一なサウンドを保持します。

L1 Compactは小型ですが、大型のL1システムと同じくらい遠くまでサウンドが届きますか?

L1 Compactの水平カバレージは、大型のL1 Model 1S、L1 Model IIに匹敵します。L1 Model 1S、Model IIなどに使用されている大型ラインアレイは、L1 Compactに使用されている小さなアレイよりも、サウンドレベルを落とすことなく遠くまでサウンドを届けることができます。

L1 Compact systemは移動の多いDJでも使用できる設計ですか?

はい。移動がしやすくセットアップが簡単、プロ品質のサウンドを再生するL1 Compact systemは、従来型のPAシステムに替わりさまざまな用途で優れたパフォーマンスを発揮します。DJ、コミュニティやスポーツのイベント、ビジネスプレゼンテーションなど、高性能で使いやすいPA装置を必要とするあらゆる場面でご利用いただけます。L1 Compact systemには、ステレオRCA、ステレオ1/8インチおよび1/4インチの入力が装備され、DJミキサー、ノートPC、MP3/CDプレーヤーに接続できます。使うときは、ダイナミックハンドマイクをチャネル1マイク入力に差し込むだけです。DJ用途には、ステレオサウンドを再生するために、L1 Compact systemを2つ使用することを推奨します。大規模DJイベントでは、さらにL1 Compact systemを追加してサテライトシステムとして使用すると便利です。

ToneMatch機能のメリットは何ですか?

熟練したスタジオエンジニアが、アコースティックギターやダイナミックハンドマイクのサウンドをL1システムから聴き、一連のEQ調節によってサウンドを最適化し、プリセットとして保存して、いつでもボタン1つですぐに呼び出せるようにします。これがToneMatchシグナルプロセッシングです。

  • チャンネル1: このマイク入力はToneMatchのプリセットを備えており、ダイナミックハンドマイクと使用するよう最適化されています。マイクを接続するだけで、プリセットが自動的に有効になります。
  • チャンネル2: アコースティックギター専用に設計されたToneMatchプリセットが設定されています。アコースティックギターを1/4インチ入力に接続し、ToneMatchプリセットスイッチを「Acoustic Guitar ToneMatch」(アコースティックギターToneMatch)の位置にして、プリセットを有効にします。

注: このスイッチは、アコースティックギター用のToneMatchプリセットのみを有効にします。その他のチャンネル2に接続されたソースには影響しません。
 

L1 Compact systemにはいくつのチャンネルがありますか?

システムには2つのチャンネルがあり、多様な使用方法に対応します。

チャンネル1

  • マイク入力: この入力はダイナミックハンドマイク専用に設計されています。そのため、このタイプのマイクとの使用に最適化されたToneMatchプリセットを備えています。差し込むだけでプリセットが自動的に有効になり、音声のくっきりとした明瞭さが強化されます。

チャンネル2

  • 1/8インチステレオ入力: MP3プレーヤー、ノートPC、衛星ラジオ、スマートボード、ビデオプロジェクターなどのラインレベルオーディオ機器を接続するアナログ入力(バランス)
  • RCAステレオ入力: DVD/CDプレーヤー、VCR、DJミキサー、スマートボードを接続するラインレベルアナログ入力
  • 1/4インチ楽器入力: キーボード、ギターなどの楽器の接続ケーブル用(バランス/アンバランス)この入力には、アコースティックギター専用に開発された、ToneMatchプリセットが含まれます。プリセットを有効にするには、ToneMatchプリセットスイッチを上のポジションにします。アコースティックギター以外の楽器を接続するには、ToneMatchプリセットスイッチを下のポジションにします。

注: チャンネル2の3つのすべての入力は、同時に利用できます。チャンネル2の全体的なレベルは、チャンネル2音量調節でコントロールできます。特定のソースのレベルを高めるには、個々のソース機器で調節する必要があります。

L1 Compact systemにはオーディオ出力がありますか?

はい。L1 Compactのパワースタンドには2つのオーディオ出力があります。

  • RCA録音出力(アンバランス): この出力は、各コネクターから同じモノラルオーディオ信号を転送し、外部録音機器への接続に使用できます。
  • 1/4インチ出力(バランス/アンバランス): このモノラル出力を、2台目のL1ポータブルラインアレイシステムのチャンネル2 1/4インチ入力に接続します。複数のシステムをデイジーチェーン接続して、広い部屋や別の部屋で使用することができます。

T4S/T8S ToneMatch MixerはL1 Compact systemに対応していますか?

はい。T4S/T8Sは単体で販売していますが、L1 Model 1S/II system、S1 Pro、F1システムと組み合わせて使うことができます。T4S/T8Sをいずれかの製品と組み合わせた場合、スピーカーに最適なToneMatch設定を使用できます。T4S/T8Sはアンプやスピーカーにアナログ接続できます。ミキサーに必要な電源は、ボーズまたは認定販売店からお求めいただけます。

バンドやアンサンブルの各メンバーが自分のL1 Compact systemを使うことはできますか?

はい。

ステレオ出力の楽器または機器を活用する方法を教えてください。

1つのL1 Compact systemで、2つのチャンネルを組み合わせて、1台のスピーカーで会場全体をカバーできます。ステレオ再生が必要な楽器または録音素材では、2台のL1 Compact systemを使用して、ステレオサウンドを出力できます。
 

これほどの高い性能が、小型のS1 Pro systemからどのように引き出されるのですか?

すべてのスピーカーと電子回路が1つのシステムとして最高の性能を発揮するように、設計プロセスの中で細心の配慮がなされています。これによって、L1 Compact systemはきわめて効率的になり、コンパクトなサイズを維持したまま、音響出力の最大化が可能になりました。

L1 Compact systemは屋外で使用できますか?

はい。屋内でも屋外でも使用できます。ただし、雨や長時間の直射日光にさらされないようにしてください。
 

Bose B1 bass moduleなどの外部サブウーファーをL1 Compact systemに接続できますか?

いいえ。ベースモジュールはL1 Compact systemに内蔵されています。ベースモジュールの増設には対応していません。
 

L1 Compact systemはステージのどこに設置するのがよいでしょうか。

L1 Compact systemの設置要件は、その時々で異なります。聴衆と演奏者の双方にとって最適なサウンドを生み出すには、システムを演奏者の真後ろ、または斜め後ろに設置します。

L1 Compact systemが動作する電圧を教えてください。

L1 Compact systemには、電圧範囲が100 V~240 Vの地域で動作できる、スイッチング電源が採用されています。システムを購入した特定の地域に適した電源コードが製品に同梱されています。
 

L1 Compact systemの保証期間は?

L1 Compactパワースタンドは2年間の保証付きです。L1 Compactのスピーカーおよびエクステンションは5年間の保証付きです。保証は、オーナーが変わっても製品と共に譲渡されます。

L1 CompactをL1 Model I SやL1 Model IIと一緒に使用できますか?

はい。すべてのL1システムで同じステージを共有できます。L1 Model I SとL1 Model IIのラインアレイはL1 Compactよりも大型で、L1 Compactに使用されている小さなアレイよりも、サウンドレベルを落とすことなく遠くまでサウンドを届けることができます。

特定の用途でL1システムを使用する方法について、製品所有者はどこを見ればボーズのスタッフに協力してもらえますか?

ボーズでは、重要なトピックについて体験を共有したりリアルタイムで協力するために役立つユーザーコミュニティを運営する公開フォーラムを主催しています。広範囲の用途別文書や役立つヒントを探せます。フォーラムはすべて検索可能で、http://bose.infopop.ccからアクセスできます。