L1 Pro32 Portable Line Array System
L1 Pro32 Portable Line Array System

L1 Pro32 Portable Line Array System

概要

L1 Pro32は、L1シリーズ最高のパフォーマンスを誇るL1ポータブルラインアレイです。32個のドライバーによるアーティキュレーテッドラインアレイから最高にクリアなサウンドを出力し、180度の水平カバレージを実現。結婚式、クラブ、フェスティバルといった中規模から大規模の会場やイベントに最適な、比類ないポータブルPAシステムをユーザーに提供します。L1 Pro32は、Bose Sub1またはSub2サブウーファーと組み合わせることで、収納、運搬、セットアップが簡単に行える、パワフルなモジュラーソリューションを構築できます。ビルトインのマルチチャンネルミキサーが、EQ、リバーブ、ファンタム電源、Bluetooth®ストリーミング、およびToneMatchプリセットの豊富なライブラリへのアクセスを提供。また、直感的なL1 Mixアプリにより、スマートフォンを使って手元からワイヤレスでコントロールが可能です。

L1 Pro32は、DJ、シンガーソングライター、バンド、そしてそのオーディエンスにも、最高の体験を提供します。あなたのベストパフォーマンスを引き出します。

機能

最高のオーディオ体験を実現: シリーズ最高のパフォーマンスを誇るL1ポータブルラインアレイは、結婚式やクラブ、フェスティバルなどの、中規模から大規模の会場やイベントに最適

均一なカバレージ: 32個の2インチアーティキュレーテッドネオジウムドライバーを搭載した直線型ラインアレイを備え、180°の水平カバレージに加え、離れた場所でのL1史上最も集約された垂直指向特性と最も高い音圧レベルで、大型の会場に最適。会場の隅々まで、複雑な音のディテールと明瞭さ、一貫性を実現します。

高品質なフルレンジサウンドと均一な音質: シンガーソングライター、モバイルDJ、バンドなどにも最適

32個のアーティキュレーテッド2インチネオジウムドライバーを備え、広い周波数特性を誇る直線型ラインアレイが、180度の水平カバレージを実現

距離よる減衰を軽減

小型サイズで豊かな低音を実現: レーストラック型ドライバーを搭載したBose Sub1またはSub2モジュラーサブウーファーは、省スペースで、車やステージの設置スペースを解放

車から会場までの搬入も簡単: 収納、運搬、セットアップが簡単な、モジュラー設計の3ピースシステム

選べるシステムEQプリセット: ライブ演奏や音楽再生などに最適化されたEQプリセットを各種搭載

さまざまなオーディオソースを簡単に接続: 内蔵のミキサーは、2つのXLR&1/4インチファンタム電源付きコンボ入力と1/4インチおよび1/8インチ(3.5 mm)AUX入力を備え、Bluetooth®ストリーミングに対応。さらに自照式コントロールから、システムEQ、ToneMatchのプリセット、音量、トーン、リバーブにアクセス可能

追加の楽器や音源ソースにも対応できる拡張性の高い入力ポート: 専用のToneMatchポートを装備。Bose T4SまたはT8Sミキサー(別売)とシステムを1本のケーブルでつなぐだけで、電源供給とデジタルオーディオ接続を実現

L1 Mixアプリを使ってワイヤレスでコントロール: スマートフォンから、設定を即座に調整できるほか、会場を歩いて音響を確認しながらの微調整や、ToneMatchライブラリ内のカスタムEQプリセットへのアクセスが可能

高品質なBluetooth®オーディオ: 対応機器を利用してストリーミングが可能

アクセサリー

Bose L1 Mixアプリ
Bose L1 Mixアプリ
SubMatch Cable
SubMatch Cable
L1 Pro32 Array & Power Stand Bag
L1 Pro32 Array & Power Stand Bag

FAQ

L1 Proシステムとは何ですか?

L1 Proシステムは、ミュージシャンやDJ、バンドに最適なボーズのポータブルPAです。L1 Pro8、L1 Pro16、L1 Pro32の3つのL1 Proシステムから選ぶことができます。

すべてのL1 Proシステムにはモジュラーデザインが採用されており、収納、運搬、セットアップが容易に行えます。

L1 Pro32は、L1シリーズ最高のパフォーマンスを誇るL1ポータブルラインアレイです。32個のドライバーによる直線型アーティキュレーテッドラインアレイを備え、結婚式やクラブ、フェスティバルなど、中規模から大規模の会場に最適です。L1 Pro32にはサブウーファーは内蔵されていませんが、その代わりに、スリムなレーストラック型ドライバーが搭載されたBose Sub1/Sub2 powered bass module
と組み合わせることができます。

すべてのL1 Proシステムには同じミキサーが内蔵されています。EQ、リバーブ、ファンタム電源の利用に加え、Bluetooth®ストリーミングとToneMatchプリセットの豊富なライブラリへのアクセスが可能です。

また、すべてのL1 ProシステムはL1 Mixアプリに対応しており、スマートフォンやタブレットからシステムのミキサーをワイヤレスですべてコントロールできます。

L1 Pro 32は32個の2インチネオジウムドライバーを搭載した直線型アーティキュレーテッドラインアレイを備え、均一なカバレージを提供します。180°の水平カバレージに加え、離れた場所でもL1史上最も制御された垂直カバレージと最も高い音圧レベルで、大型の会場に最適です。会場の隅々まで、繊細な音のディテールと明瞭さ、均一性
を実現します。

レーストラック型ドライバーとは何ですか?

レーストラック型ドライバーとは、幅と高さの比率が異なるスタジアム型のトランスデューサーです。これにより、スピーカーコーンの表面を異なる形状にすることができます。そのパフォーマンスは大型の円形ドライバーに匹敵し、最適化されたパフォーマンスとポータビリティを実現します。この設計により、スリムなキャビネットで、従来の大型サブウーファーに匹敵するインパクトを余すことなく提供します。L1 Pro8とL1 Pro16にはレーストラック型ドライバーによるサブウーファーが内蔵されています。一方、L1 Pro32は、スリムなレーストラック型ドライバーが搭載されたBose Sub1/Sub2 powered bass moduleと組み合わせることができます。

L1 Mixアプリとは何ですか?

L1 Mixは、L1 Proポータブルラインアレイシリーズ専用のアプリです。L1 Mixアプリで、スマートフォンやタブレットからミキサーの設定を簡単に調整できます。これにより、部屋を歩き、ミックスの音を聴き、移動しながら微調整することができます。アプリ内でパラメーターを調整すると、L1 ProのLEDエンコーダーがリアルタイムに動いて同期し、アプリとL1 Proのミキサーが常に同じ設定になります。さらに、アプリから、カスタムEQプリセットの豊富なToneMatchライブラリにアクセスすることもできです。L1 Mixアプリは、Google PlayまたはApple App Storeから無料でダウンロードできます。

L1 Pro32システムは、どの種類の会場で使用できますか?

L1 Pro 32は、結婚式やクラブ、フェスティバルなど、中規模から大規模の会場に最適です。

L1 Pro 32は均一なカバレージを提供します。32個の2インチネオジウムドライバーを搭載した直線型アーティキュレーテッドラインアレイを備えています。このアレイは、180°の水平カバレージに加え、離れた場所でもL1史上最も制御された垂直カバレージと最も高い音圧レベルで、大型の会場に最適です。会場の隅々まで、繊細な音のディテールと明瞭さ、均一性を実現します。

L1 Pro32のカバレージはどのくらいですか?

L1 Pro 32は均一なカバレージを提供します。32個の2インチネオジウムドライバーを搭載した直線型アーティキュレーテッドラインアレイを備えています。このアレイは、180°の水平カバレージに加え、離れた場所でもL1史上最も制御された垂直カバレージと最も高い音圧レベルで、大型の会場に最適です。会場の隅々まで、繊細な音のディテールと明瞭さ、均一性を実現します。

L1 Proシステムはどのように配置するのが最適ですか?

L1 Proシステムは、アーティストの背後に配置し、アーティストのモニター兼FOH PAとして機能するように設計されています。より大音量で使用する場合は、不要なフィードバックの制御が可能かどうかによって、L1 Proをフロントまたはサイドに配置することができます。

L1 Proシステムは屋外で使用できますか?

はい。屋内外で使用できます。特にL1 Pro32は180°の水平カバレージパターンと、距離に対する減衰の少ないタイトな垂直カバレージを持ち、屋外イベントに最適なシステムです。ただし、L1 ProシステムはIPX等級ではないため、長時間直射日光にさらしたり、雨に濡らしたりしないでください。

L1 Proシステムは防水仕様ですか?

いいえ。L1 Proシステムは耐水/防水仕様ではありません。システムは屋外で使用できますが、IPX等級ではないため、長時間直射日光にさらしたり、雨に濡らしたりしないでください。

Bose T4S/T8S ToneMatchミキサーは、L1 Proシステムに対応していますか?

はい。Bose T4S/T8S ToneMatchミキサーは、L1 Proシステムに使用できます。ToneMatchミキサーは別売りです。すべてのL1 ProシステムはToneMatchポートを備えており、1本のケーブルでシステムとミキサーの間の電源供給とデジタル音声の通信ができます。すべてのL1 ProシステムのToneMatchポートから、T4S/T8S ToneMatchミキサーへの電源供給が可能です。

接続すると、ミキサーのToneMatchの設定はL1 Proシステムに最適化されます。

L1 Proシステムのセットアップの方法は?

L1 Pro32の組み立て手順:
重要: システムを電源に接続する前に、アレイエクステンションと中高域用アレイを使用してシステムを組み立てます。

システムを組み立てるには、次の手順を実行します。

  1. 中域用アレイをパワースタンドに設置します。
  2. 中域用アレイに高域用アレイを設置します。
  3. SubMatchケーブルでSub1またはSub2をパワースタンドに接続します。
  4. パワースタンドを電源に接続します。

組み立ての詳細については、システムの取扱説明書をご覧ください。

システムEQとはどのような機能ですか?

オーディオの用途に基づいて、システムEQ設定を選んで全体のミックスに適用することで、オーディオ性能を最適化します。

OFF — システムEQを無効にします
LIVE — マイクや楽器を使用するライブパフォーマンスで使用します
MUSIC — 録音された音楽の再生やDJ用途で使用します
SPEECH — 一般向けのスピーチイベントで使用します

モバイルDJはL1 Proシステムを使用できますか?

はい。プロ品質のサウンド、高いポータビリティ、簡単なセットアップを実現するL1 Proシステムは、小型PAシステムとしてさまざまな用途で優れたパフォーマンスを発揮します。DJやコミュニティ/スポーツイベントなど、高性能で使いやすいPA装置を必要とするあらゆる場面でご利用いただけます。

1台のToneMatchミキサーと2台のL1 Proシステムを使用した、ステレオのセットアップも可能です。また、システムEQの「Music」の設定はDJ用途に最適化されています。

内蔵ToneMatchプロセッシングのメリットは何ですか?

T4S/T8S ToneMatchミキサーに内蔵されているToneMatchプリセットは、一般的なマイクや楽器に最適化されたEQ設定です。楽器に合わせてEQを選ぶと、瞬時にサウンドを向上させることができます。アコースティックギターまたはハンドヘルド型ダイナミックマイクに対して、ToneMatchプロセッシングにより最適なイコライゼーションが適用されることで、その音源が持つ音の特質を最大限に生かしたサウンドを引き出すことができます。ToneMatchボタンを使用して、マイク(MIC)、楽器(INST)、オフ(OFF)を選択します。

L1 Proシステムには、ハンドヘルド型ダイナミックマイク(MIC)とピエゾ式アコースティックエレクトリックギター(INST)に最適なToneMatch設定があらかじめロードされています。または、L1 Mixアプリを使用して豊富なToneMatchライブラリにアクセスし、既存のToneMatchプリセットをロードすることができます。

L1 Proシステムのチャンネル数を教えてください。

L1 Proシステムには、合計5つの入力を備えた、3つのチャンネルがあります。2つのファンタム電源を備えたコンボジャック(XLR + TRS/TS)と1/4インチおよび1/8インチ(3.5mm)AUX入力を備え、Bluetooth®ストリーミングに対応しています。また、自照式ロータリーエンコーダーから、各チャンネルの音量、トーン、リバーブをすぐに調整できます。複数のソースをチャンネル3に接続する場合は、チャンネル内でのミックスに合わせて入力ソースの音量を調節し、チャンネル3のボリュームコントロールを使用して全体の音量レベルを調節します。ライブ演奏や音楽再生などに最適化された各種EQプリセットも内蔵。また、専用のToneMatchポートを使用して、さらに多くの楽器や音源を接続できます。Bose T4S/T8Sミキサー(別売)とシステムを1本のケーブルで接続して、ミキサーへの電源供給とシステムへのデジタルオーディオの通信ができます。

L1 Proシステムには拡張用のアナログオーディオ出力はありますか?

はい。L1 ProシステムにはバランスXLRライン出力を備えており、他のL1 Proシステム、オーディオコンソール、またはレコーディングインターフェースへの出力が可能です。

ステレオ出力の楽器または機器を活用する方法を教えてください。

L1 ProシステムはモノラルのPAシステムです。ステレオ出力を実現するには、2台のシステムとToneMatchミキサーを使用する必要があります。左右個別の出力を備えたDJコントローラーや他のミキシングコンソールを使用して、2台のL1 Proシステムをステレオで使用することもできます。

新しいL1 Proシステムと従来のボーズのL1システムとの違いは何ですか?

従来のL1システムと比較して、L1 Proシステムはより優れたオーディオ性能と高いポータビリティを実現しています。これは、より小型の中高域用アレイドライバーと、より力強く深みのある低音を実現するレーストラック型ドライバーを搭載した、スリムでパワフルなサブウーファーによるものです。最適化された新しいユーザーインターフェースにより、楽器や音源をシステムに直接接続でき、ボタンを押してトーンとリバーブのコントロールが行えます。コンボジャック(XLR + TRS/TS)により、ToneMatchミキサーを使用せずにマイクとギターの両方を接続することができます。また、L1 ProシステムはワイヤレスBluetooth接続にも対応しており、モバイル機器から高品質なオーディオをワイヤレスでストリーミングしたり、L1 Mixアプリを使用してミキサーをコントロールしたりできます。

L1 ProシステムはToneMatchミキサーに対応しており、システムの内蔵ミキサーの入力を拡張することができます。従来のL1と比較すると、L1 Proシステムは、大きく進化し、多数の機能を搭載した一方で、従来のポータビリティ、シンプルさ、部屋中を満たすサウンドを継承しています。

Bose Sub1/Sub2 powered bass moduleなどの外部サブウーファーをL1 Proシステムに接続できますか?

はい。Sub1/Sub2ベースモジュールはアクティブのため、L1 Proシステムのライン出力に接続できます。L1 Pro32を使用する場合は、L1 Pro32の購入時に付属しているSubMatchケーブルを使用してSub1/Sub2を接続します。これにより、電源とオーディオを1本のケーブルで供給できます。

カーディオイドモードとは何ですか?

2台のSub1/Sub2 powered bass moduleを使用する際に、カーディオイドモードを使用することで低音をL1システムの前方に集約することができます。カーディオイドモードは、アウトドアイベントに最適。ステージやマイクの低音域のフィードバックを防ぎます。カーディオイドモードを使用すると、後方へのエネルギー放出を-10 dB低減し、低音を前方に向けて必要な場所に集約させることができるため、ステージで不要な低音が聞こえたり、近隣に迷惑をかけたりすることもありません。

L1 Proシステムに内蔵のユニバーサル電源アダプターはどんなコンセントでも使えますか?

はい。L1 Proシステムにはユニバーサル電源アダプターが内蔵されており、100V~240Vの範囲の地域で使用できます。購入した地域で適切に使用できるIEC電源ケーブルが、製品に同梱されています。

L1 Proシステムの保証期間を教えてください。

L1 Proシステムには2年間(米国)の保証が付いています。保証内容は国によって異なります。

L1 Proシステムはボーズの他のポータブルPAシステムと一緒に使用することはできますか?

はい。すべて、同じステージ上で組み合わせて一緒に使うことができます。ただし、L1 Proシステムは他のシステムを使用する必要がないよう、モニター兼FOH PAとして機能するように設計されています。

L1 Proシステムについての詳細や、システムの性能を最大に発揮するヒントはどこで見つかりますか?

ボーズのコミュニティーサイトで、他のL1 Proのユーザーやボーズのプロダクトチームのメンバーと交流し、より詳細なプロダクトサポート情報を入手して、質問やコメントを投稿することができます。詳細は、https://community.bose.com/t5/Portable-PA/bd-p/PortablePAをご覧ください(英語のみ)。

L1 Proシステムには、Bluetooth接続は内蔵されていますか?

はい。すべてのL1 ProシステムはBluetooth接続に対応しており、対応機器からの高音質AACコーデックのストリーミングが可能です。これにより、オーディエンスに最高のリスニング体験を提供できます。

L1 Proシステムはファンタム電源を内蔵していますか?

はい。L1 Proシステムのチャンネル1と2は、コンデンサーマイクに使用するための48 Vファンタム電源を内蔵しています。

L1 Proシステムを工場出荷状態にリセットする方法は?

電源ボタンを10秒間長押しします。システムの電源がオフになり、工場出荷時設定で再度オンになります。

Bluetoothのペアリングリストを機器から消去する方法は?

Bluetoothボタンを10秒間長押しします。

L1 Proシステムのリバーブをオフにする方法は?

「REVERB」が点灯しているときに、ロータリーセレクターを3秒間長押しします。リバーブアイコンが点滅し、リバーブがオフになったことを示します。L1 Mixアプリの使用中に、対応するチャンネルの「REVERB」を長押しすることもできます。

USB-Cサービスポートは何に使用しますか?

USB-Cサービスポートは、ファームウェアの更新に使用します。

L1 Proシステムのファームウェアの更新が必要かどうか、どこで知ることができますか?

ボーズのWebサイトをご覧ください。Bose.com/L1ProFirmware

L1 Proシステムのファームウェアのバージョンを確認する方法は?

USB-Cケーブルを使用してお使いのL1 Proシステムをパソコンと接続し、Bose.com/L1ProFirmwareでオンラインのL1アップデーターを確認して、ファームウェアを確認および更新してください。

2台のL1 Pro32システムを使用して、それぞれのSub1またはSub2サブウーファーをカーディオイドモードで接続することはできますか?

はい。ただし、カーディオイドモードで位相が反転しないようにするには、各システムをモノラルで使用する必要があります。