信号処理&ネットワークへ戻る

Bose ControlSpace ESP engineered sound processorsは、低レイテンシー、高品質なデジタル変換、また低ノイズ・高ダイナミックレンジといったオーディオに対する今日の厳しい要求を満たす、高度な音声信号処理および制御を実現します。4種類の固定I/Oモデルから選択することも、最大64チャンネルまでカスタマイズ可能な柔軟性に優れたカードフレームモデルを選択することもできるESPプロセッサーは、どのようなプロジェクトにもソリューションを提供します。すべてのESPプロセッサーは汎用I/O接続を備えており、シリアル接続にも対応(RS-232またはEthernet)。カスタムソリューションをお使いの場合も、業界標準のコントロールシステムと簡単に統合できます。ControlSpaceユーザーインターフェースと組み合わせることで、さまざまなシステム用途でESPプロセッサーをシンプルなワンタッチ操作で制御できます。