ControlSpace® Designer™
ControlSpace® Designer™

ControlSpace® Designer™

推奨小売価格
現行価格

概要

ControlSpace Designerソフトウェアを使うと、Bose ControlSpace ESP、EXプロセッサーとエンドポイント、PowerMatchアンプ、PowerShareアンプ、ControlCenterコントローラーのオーディオシグナルプロセッシングとネットワーク処理を設定することができます。ESPとEXプロセッサーのオープンアーキテクチャDSPは、シグナルプロセッシング機能の充実したライブラリーでサポートされ、細部までカスタマイズされた信号処理設計を作成することができます。ネットワーク設定ツールは、大規模なControlSpaceネットワーク内のすべてのデバイスをすばやくセットアップするのに役立ちます。

パラメーターセットとグループコントロール機能を使用して、コントロール機能のライブラリーを作成できます。単一のパラメーターセットで単一のプロセッシング機能の状態を変更したり、呼び出しによりさまざまなプロセッシングパラメーターの状態をまとめて変更したりできます。グループでは、複数のゲインを同時にコントロールしたり、同一のシグナルプロセッシング機能タイプの複数のインスタンスをコントロールできます。パラメーターセットとグループのどちらのプログラミング機能も、ControlCenterコントローラーの物理コントロールに容易にマッピングできます。または、標準のシリアルプロトコル、時刻/スケジュールによる呼び出し、または汎用入力によりリモートで呼び出すこともできます(1)

シグナルプロセッシングとコントロールシステムの設計が完了したら、Smart Simulationを使用して、すべてのコントロールプログラミングをオフラインでテストと変更することができます。Smart Simulationでは、ControlCenterコントローラーの仮想描写を使用してシステムコントロールプログラミングを設定&テストします。コントロールのテストのために実際のシステムに接続する必要はありません。

システムへの接続がアクティブの場合、ControlSpace Designerソフトウェアをシステム使用試験のシステムインターフェースとして、または運用時のシステムモニターとして、すべてのシグナルプロセッシング機能の操作を設定できます。モニターモードに設定されている場合、すべてのデバイスパラメーターが保護され、仮想コントロールセンターとアンプモニター機能にのみアクセス可能になります。

豊富な内蔵ツールにより、Bose ProfessionalのDante®ネットワーク対応オーディオコンポーネントのセットアップとコントロールを効率的に行えます。

ControlSpace Designerソフトウェアを使用したシステムのアプリケーション、設計、設定について詳しくは、Bose Professional学習センターをご覧ください。

(1) パラメーターセットのタイマーとGPIによる呼び出しは、エンジニアードサウンドプロセッサーでのみ利用可能です。

ダウンロード

Archived Software

セットアップと使用方法

Design