優れたサウンドで、生産的なミーティングを。

出席者全員がクリアに聞き取れる会議室に

LC Packagingの会議室

なぜボーズなのか

現代の職場では、会議はコラボレーションと同意義です。外出先から通話で参加するときも、自宅からオンラインで参加するときも、重役会議室で集まるときでも、ボーズの会議システムソリューションならば、あらゆるミーティングをストレスなく進めることができます。

仕事を、もっと快適に
Bose Workソリューションで、シンプルな操作とボーズのクリアなオーディオを会議で実現し、コミュニケーションを1つに。現代のワークプレイスは、オフィスや自宅、車内、カフェなど、様々です。ボーズのソリューションは、参加者が会議室にいても、リモート環境でも、すべての会議の生産性を向上させます。

優れた拡張性で、クリアなコミュニケーションを実現
BoseWork製品は、いずれも一般的なUCプラットフォームとシームレスに連携し、映像やオーディオのパフォーマンスをさらに高めることができます。ケーブル1本で音声と映像を接続できるオールインワン会議用USBデバイス「Bose Videobar VB1」は、ハドルルームをシンプルに保てます。デスクトップ&モバイル向けの「Bose Noise Cancelling Headphones 700 UC」は、リモート環境でも、チームとつながりながら快適に仕事に取り組めます。また、Bose ControlSpace Designerソフトウェア、EdgeMaxスピーカー、ControlSpace EXプロセッサーを組み合せれば、高い性能が求められる取締役会議室などに最適な、音声系統が会議室と一体化したシステムを構築できます。Bose Workソリューションなら、どこにいてもチームと効果的にコラボレーションが可能になります。「そこそこ」程度の音声や映像から脱却すれば、聞き取りやすく、見やすく、理解しやすい、自然なコミュニケーションで、仕事の効率はより向上します。

必要なときに、すぐに、どこでも
コラボレーションの場面は、会議室だけとは限りません。社内のカフェスペースで全体会議をするときや、ロビーで授賞式を開くときなど、すぐに設営が可能なポータブルサウンドシステムもラインアップしています。

「私たちの要望は非常に単純でした。人々が互いに労せず効果的にコミュニケーションを取って連携できるスマートな職場環境を構築することです。革新的な最先端のAVソリューションにより、世界で最も先進的な職場を作り上げることができました」

ニック・ジャンセン氏
ディレクター
LC Packaging

導入事例

  • 長沙銀行
  • Boralex
  • グループPSA
  • Group Up
  • ハーバー地域センター
  • ヨハネスブルグ会議室
  • Landgestüt Redefin
  • LARTOR
  • LC Packaging
  • テレグラフェン・オスロ
  • Triovest
  • WEMAG
  • WoJo

導入事例

ノートルダム大学 聖心大聖堂

LC Packaging

1920年代のアムステルダムは、活況に満ちた首都にふさわしく、幅広い道がめぐらされ、商業の中心地として当地の文化を象徴する存在であり、バッグ業者も数多く見られました。当時、最も一般的な梱包材と言えば、ジュートバッグでした。業者は中古のバッグを購入して洗浄し、修理して、再び世に送り出していました。そして、ウィルヘルムス・ランメルス氏、通称ウィム氏も、この商売に打って出ようとしていました。

 

ノートルダム大学 聖心大聖堂

テレグラフェン・オスロ 

オスロの最新のナイトライフスポット、テレグラフェンの体験は、ここならではものです。Kongens Gate 21の歴史豊かな「テレグラフ・ビルディング」にある同店では、60年代、70年代、80年代にタイムトリップしながら、最先端の体験とテクノロジーを楽しむことができます。

 

Triovest社の会議室

Triovest

商業不動産の投資顧問会社であるTriovest社は、カナダ全土8か所にオフィスを構え、約600人の従業員を擁する同社は、国内全域に430の不動産物件を管理し、その面積は約380万㎡に及びます。

詳しくはこちら

LARTOR社 会議室

LARTOR

ドイツ・ミュンヘンのほど近く、都市の喧騒から離れた静かな高級ホテル、LARTOR。アンマーガウ・アルプス自然公園の美しい高山風景に囲まれたこのホテルには規模の異なる複数の会議室があり、いずれも創造性とインスピレーションを高める環境を提供することを目的としています。

詳しくはこちら