ロイヤルアスコット2021でBose Professionalが卓越したオーディオ体験を実現

ボーズが共鳴するビジョンを通じて、アスコットの迫力と興奮をゲストに提供

マサチューセッツ州フラミンハム — 2021年8月20日 — アスコット競馬場の公式サウンドテクノロジーサプライヤーであるBose Professionalが、大熱狂のロイヤルアスコット2021に貢献しました。完全オーダーメイドのオーディオソリューションにより、競馬場、遊歩道、そしてヨーロッパの他のどの施設よりも豊富な250室の個室を含むエリア全体に、1,000台近くの露出型スピーカーと天井埋込型スピーカーが配置されています。

アスコット競馬場は300年以上の伝統を誇り、その伝統は今もなお続いています。最初のレースは、1711年にウィンザー城から約6マイルの場所に位置するバークシャー州の田園地帯で、アン女王の命を受けて開催されました。26日間のレース期間中に、60万人もの来場者が訪れるアスコット競馬場は、Bose Professionalが提供する革新的なオーディオテクノロジーと専門知識を活用して、ワールドクラスの競馬体験のあるべき姿を刷新しました。

アスコットの営業責任者、クレイグ・スタッドン氏は次のように述べています。「ボーズのイノベーションにより、来場者に特別な体験を提供できるようになりました。ボーズとの提携を始めてから、オーディオがレースに新たな価値を提供したといった声が来場者から続々と寄せられています。競馬をよりリアルに感じられるようになったのです」

オーディオソリューションにおいては、ArenaMatch AM10/AM20/AM40スピーカーをシステムの中心として、Panaray MA12EXモジュール式アレイスピーカー、ArenaMatch Utility AMU108/AMU208スピーカー、各種FreeSpaceスピーカーを会場全体に配置しています。このソリューションは、Dante®カードを搭載したPowerMatch PM8500Nパワーアンプにより駆動されます。

「アスコットには、特別なニーズがあります。アスコットの体験が最も盛り上がるのは11~12分間ほどですが、来場者は会場に6時間以上滞在します」アスコットの技術責任者、ジョージ・ヴォーン氏は言います。「私たちにとってオーディオは、実況のニーズを超えた重要な要素です。レースの詳細を伝えるアナウンスから予定されているイベント情報の提供、全体の体験を通して来場者を楽しませる音楽まで、すべてに関わります。ボーズなら、来場者に理想的な体験を提供することができます」

アスコット競馬場のプロジェクトやカスタムオーディオソリューションについて詳しくは、PRO.BOSE.COM/Ascotをご覧ください。

###

画像ファイル1: Bose_Ascot_Racecourse_Outside_Loudspeakers

画像キャプション1: アスコット競馬場全体にBose Professionalスピーカーが設置され、フォーカスされたクリアなオーディオを提供し、卓越した競馬体験を実現。

画像ファイル2: Bose_Ascot_Racecourse_Parade_Ring.jpg

画像キャプション2: ロイヤルアスコットの初日は、パレードリングの行進で幕を開けます。 

画像ファイル3: Bose_Ascot_Racecourse.jpg

画像キャプション3: Bose Professionalのスピーカーにより、馬が走るレースコースはオーディオゾーンから除外しながらグランドスタンド全体でクリアなオーディオを提供。 

法的免責条項
Bose、ArenaMatch、FreeSpace、Panaray、およびPowerMatchは、Bose Corporationの商標です。Dante™はAudinate Pty Ltd.の商標です。その他すべての商標は所有権を保持する各社に帰属します。

ボーズ・コーポレーションについて
Bose Professionalは、ポータブルPAシステム、音声会議ソリューション、固定設備向けサウンドシステムなどのプロオーディオ機器の開発を専門とするBose Corporationの事業部門です。たゆまぬ研究開発の精神と、卓越を追求し続けるボーズの姿勢は世界中のどこでも変わりません。Bose Professionalは50年にわたり、オフィス、教会、講堂、レストラン、小売店舗、宿泊施設などで、アーティスト、DJ、AVインテグレーター、システムデザイナー、施工業者、コンサルタントと提携し、感動のオーディオ体験を創造してきました。

お問い合わせ先:
Bose Professional
03-5114-2750
jp_pro@bose.com
PRO.BOSE.COM

プレスリリース(PDF)