概要

エピソード1

“物理学ガール” ダイアナ・カワーン — Bose Better Connectedポッドキャスト

コミュニケーションに必要なものは何でしょうか?まずは、コミュニケーションを望む相手が必要です。次に、距離を気にせずにコミュニケーションができるテクノロジーが必要です。

Better Connectedポッドキャストではこれらにフォーカスします。このポッドキャストシリーズでは、幅広い分野から専門家を招き、テクノロジーをどのように活用して、コラボレーションの促進や業務の改善、インスピレーションを実現しているかについて話を聞きます。

つながりがより重要な現代において、どうすればより強いつながりを実現できるでしょうか?

最初のエピソードでは、ボーズのカテゴリーマーケティングマネージャー、ジャスティン・オコナーと、科学コミュニケーターで“物理学ガール”としても有名なYouTuber、ダイアナ・カワーン氏の対談をご覧いただきます。

ダイアナ・カワーン

ジャスティン・オコナー

バーチャルのオーディエンスとつながるには(ダイアナ・カワーン)

「バーチャルのオーディエンスとつながるには」のエピソードでは、効果的かつ実践的なコミュニケーションで、オンライン先の様々な人に複雑な内容を伝えながら、信頼とつながりを構築していく方法についてカワーン氏が話します。

また、オンラインプラットフォームの活用や、オンラインがコミュニケーションと学習の中心に進化したことについてのインサイトも聞くことができます。さらに、複雑な内容を聞き手が引き込まれるように分かりやすく伝えるにはどうすればよいかについても話してくれます。

キーポイント

理解しやすい量でコミュニケーションすることで、オンライン相手ともっと共感することができる。

親しみやすい印象をオンラインで与えることで、より深くつながることができる。

コロナ禍でオンラインプラットフォームが進化し、より強くつながることができるようになった。

カワーンについて

カワーン氏は、科学をより親しみやすくすることにずっと挑戦してきました。MITで物理学の学位を取得する一方、YouTubeチャンネル「Physics Girl」(物理学ガール)を開設します。複雑な現象を簡単に理解できるように説明することにフォーカスした同氏のチャンネルは、200万人を超える登録者から支持されています。視聴者からの質問に答えることで、科学への好奇心を引き出しています。

楽しみから始まったことが、尊敬される科学コミュニケーターへの道を拓き、同氏が感銘を受けたニール・ドグラース・タイソンやビル・ナイと同じ足跡を辿ることになりました。小学5年生向けに制作された「What Is Color?」コンテンツでの「The Flame Challenge」での優勝を期に、フルタイムのキャリアとして取り組んでいます。カワーン氏は人柄や情熱によるコミュニケーションを積極的に取り入れています。そして、ストーリーにフォーカスすることで、数百万人のコミュニティとの効果的なつながりを構築してきました。

教育への貢献が認められたことでForbes 30 Under 30に選ばれた後も、自らコンテンツを作成して公開しています。

カワーン氏のストーリーは特別なケースである一方、効果をもたらすための重要なヒントや活用するテクノロジーなど、ビジネスに応用できる点についても述べています。