タイマー – オブジェクトの追加

ツールバーで「Timers」(タイマー)アイコンをクリックするか、「Window」(ウィンドウ)メニューから「Timers」(タイマー)を選択すると、「Timers」(タイマー)ウィンドウが開きます。タイマーの処理に対応したプロジェクトにデバイスが追加されていない限り、「Timers」(タイマー)ウィンドウを開くことはできません。

ドラッグ&ドロップ

ほとんどのプロセッシングオブジェクトは、直接タイマーに追加することはできませんが、SelectorsオブジェクトおよびGainオブジェクト、および入力/出力ブロックのゲインおよびミュート機能は追加することができます。オブジェクトを選択して「Device View」(デバイスビュー)からドラッグして「Timer」(タイマー)ウィンドウのタイマーにドロップすると、個々のオブジェクトまたはオブジェクトのグループを1つのタイマーに追加できます。1つのタイマーには、同じデバイスの複数のオブジェクトを含めることも、複数のデバイスのオブジェクトを組み合わせて含めることもできます。

オブジェクトをタイマーに追加すると、「Timer」(タイマー)ウィンドウの展開可能リストにオブジェクトが表示されます。





 

コンテキストメニュー
オブジェクトは個別に、または複数まとめてグループに追加できます。オブジェクトを選択してその1つを右クリックし、コンテキストメニューから「Add To Timer」(タイマーに追加)を選択して、対象のタイマーを選択します。

それぞれの方法は機能的に変わりません。いずれかの方法でオブジェクトをタイマーに追加できます。

パラメーターセット
これらのオブジェクトタイプの値を直接呼び出すだけでなく、タイマーを使用してすべてのオブジェクトタイプの値を呼び出すことができます。これにはオブジェクトをパラメーターセットに追加し、パラメーターセットをタイマーでトリガーします。