導入事例 – スポーツ施設 | アリアンツ・スタジアム - ユヴェントス

概要

プロジェクトについて

イタリアのトリノにあるアリアンツ・スタジアムは、驚嘆に値する競技場です。ユヴェントスのホームであるこのスタジアムは、欧州サッカーに情熱を注ぐ、41,500人を超える熱狂的な観客を収容することができます。

また、このスタジアムはイタリアサッカーの最高峰リーグ、セリエAのチームが所有する初めてのスタジアムでもあります。環境への配慮とサステナビリティを視野に入れて建築されており、UEFAカテゴリー4の施設としての地位を誇ります。UEFAカテゴリー4はスタジアムとして最高の技術レベルであることを意味し、UEFAの大会を開催するための条件となっています。

2011年にオープンした同スタジアムは、サッカーファンにワールドクラスの体験を提供することを目指しています。2012年には、Global Sports Forum 2012において、ヨーロッパで最も革新的なスポーツ会場に贈られる、Stadium Innovation Trophyを受賞しました。スタジアムの経営陣は、総合的な体験の鍵はサウンドであり、選手のアナウンスや得点時のアナウンスにも、観客を魅了し盛り上げるための試合前のショーにも、最高レベルの音質が必要であることを認識していました。

Bose Professionalのソリューション

「アリアンツ・スタジアムは、エンターテイメントの中心地です。来場者は、試合の観戦だけでなく試合前の熱気を盛り上げる2時間のショーイベントも楽しみにしています」と、スタジアム経営責任者のフランセスコ氏は言います。「ですから、ご想像のとおり、オーディオシステムの役割は非常に重要なのです」

ユヴェントスは、プレミアムなファン体験で知られており、アナウンスの明瞭度を向上させ、ライトショー、音楽、特殊効果などに新たな要素を採り入れる取り組みを行っています。システムに変更を加える際には、パワフルな雰囲気をさらに強化するものでなければなりません。当初、同スタジアムは警備やアナウンスのためのシンプルなオーディオソリューションで設計されており、長い間アップデートが求められていました。

また、この大規模な空間においても、ファン一人一人に一貫した体験を提供できるソリューションを必要としていました。試合当日には、ファンが水盤型のスタジアムのどこに座っていても、明瞭に音声を聞き取れ、会場内で流れる音楽を楽しめるオーディオ体験を提供しなくてはなりません。 

ユヴェントスがファンと一体となるこのスタジアムは、年間を通じてその他のユニークなプレミアイベントを開催する主要会場としても機能しています。そのため、柔軟性と適応性もオーディオソリューション選定の上での優先事項でした。

同スタジアムが導入したオーディオソリューションは、Bose ProfessionalのArenaMatch DeltaQスピーカーとPowerMatchアンプで構成されており、ControlSpace EX- 1280デジタルシグナルプロセッサーで制御され、Dante™オーディオネットワークで接続されています。

ボーズスピーカーが設置されたアリアンツ・スタジアムの天井
ボーズスピーカーが設置されたアリアンツ・スタジアムの天井
Bose DeltaQスピーカー
アリアンツ・スタジアムを見つめるアルベルト・パイレット氏

「ワールドクラスのスタジアムとして、明瞭な音声と高性能なオーディオエンターテインメントを提供できるシステムが必要でした」と、ジアネロ氏は言います。「ユヴェントスのブランドを理解し、このようなシステムを細部まで実現できるオーディオパートナーを求めて、幅広いシナリオやソリューションを比較した結果、ボーズのソリューションがベストだという結論になりました」

Bose Modelerソフトウェアのサポートにより、スピーカーの構成とクラスターの数が正確に定義され、パフォーマンス、音響カバレージ、均一なフルレンジサウンドを最大限に発揮しています。Danteネットワークとそのアナログバックアップにより、4組のArenaMatchクラスターをサポートすることで、常にパワフルなオーディオを提供できるバックアップを確保しています。

この総合的なソリューションにより、アリアンツ・スタジアムは幅広いイベントを楽しめる最高レベルの施設へと生まれ変わりました。ArenaMatch DeltaQスピーカーによるクラスターとPowerMatchアンプのパフォーマンス、そしてシステムのバックアップと簡単な操作が、この施設に対する高い評価を支えています。

この成果を実現するため、アリアンツ・スタジアムのチームは、選りすぐりの専門家チームと密接に連携しました。Bose ProfessionalとSpectra Event Technology社のチームに加え、Immagine del Suono社がDSPのプログラムデザインを提供し、システムのコントロールと監視はPibiesse社が設計しました。

ボーズとユヴェントスのパートナーロゴ

「このスタジアムはチームのホームであり、ファンのホームでもあります。ファンの皆様がスタジアムに来場した際に、これまでにない一体感を提供したいと考えています。優れたサウンドシステムの導入により、特別でユニークなイベントを開催できる待望のスタジアムが完成しました」

—アルベルト・パイレット氏
ユヴェントス、スタジアム収益責任者

ダウンロード

アリアンツ・スタジアム導入事例