お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

導入事例 - 礼拝施設 | 聖ミカエル&聖ヨハネ大聖堂

概要

プロジェクトについて

1860年代にバサーストに設立された聖ミカエル&聖ヨハネ大聖堂は、オーストラリアのカトリック大聖堂として2番目に長い歴史を誇ります。バサーストのマイケル・マッケナ司教は、大聖堂の構造的な懸念を解決するだけでなく施設全体に新しい活力を吹き込むため、今後100年間の大聖堂の維持を目標とした10年間におよぶ改修プロジェクトを委託しました。

この改修プロジェクトには、大聖堂の礼拝に求められる幅広い要件により適切に対応できる新しいオーディオシステムも含まれていました。従来のシステムは、メインの会衆席の上に複数のスピーカーがワイヤーで吊り下げられていましたが、視覚的に気になるだけでなくカバレージも不十分でした。

バサースト大聖堂付属の礼拝堂

大聖堂は、30年以上にわたってバサーストのカトリック教区と連携してきたClare Communications社に協力を求め、信徒がいつでも音楽やスピーチを最高の音質で礼拝を楽しめるオーディオシステムの設計を依頼しました。

「現代において、典礼を効果的に行うためには明瞭な音声が欠かせませんし人々も良い音を期待しています」と話すのは、大聖堂の司教総代理兼首席司祭を務めるポール・デビット神父です。「この建物には凸凹がたくさんあり、明瞭なサウンドを均一に届けることは非常に困難でした」

Bose Professionalのソリューション

大聖堂の音響設計のためには、壁、窓、床、天井の角などの反射面を避け、座席に向けて音をフォーカスできるスピーカーソリューションが必要でした。

そこでClare Communications社が指定したスピーカーが、Bose Panaray MSA12Xスピーカーです。身廊の前方には3本のモジュールアレイを左右に1組ずつ配置し、さらにサポート用として会衆席側に別の2本のモジュールアレイを1組ずつ配置しました。「Bose MSA12Xスピーカーを採用したことで、音の指向性を制御し、必要な場所に向けてサウンドを届けることができるようになりました」と話すのは、Clare Communications社のプロジェクトマネージャーであるマット・ドノバン氏です。

バサースト大聖堂の屋内施設
バサースト大聖堂のアフター画像

大聖堂の歴史を繋ぐことが主な目的のプロジェクトでは、高い信頼性と長期使用が可能な製品を選定することは、教区財務管理者のパトリック・クーパー氏にとってとても重要でした。「Bose Professionalのソリューションを選んだ理由は、オーストラリアで十分な実績があったからです。私たちはそれほど先駆的ではなく、リスクを避ける傾向にあります。だからこそ、実績のある確かなソリューションを選びました」

このソリューションには、MSA12Xスピーカーの他、RoomMatch Utility RMU206スピーカーが複数組み込まれ、身廊に隣接する座席エリアに音声を届けることで、メインのアレイスピーカーをサポートしています。また、屋外の音響を補強するため、Bose DesignMax DM6SEスピーカーも採用しています。

華麗な大聖堂では、美観が重視されます。そのため、見た目が目立つ音響設備を取り付けることはできません。MSA 12Xは目立たない外観で、3本スタックのモジュールアレイを設置しても大聖堂の装飾に自然に溶け込んでいます。

「Bose Professionalのシステムが空間のデザインを損ねることはありません」とクーパー氏は述べています。「最初からここにあったかのように見事に溶け込んでいます」

上空からの大聖堂の画像
バサースト大聖堂のMSA12X

こうしてアップグレードされたオーディオソリューションは大聖堂の要望に応え、明瞭なスピーチと豊かな音楽再生を実現しました。今では、どの座席からでも聖歌隊のメンバーとして参加していても当初想像していた以上にクリアに伝わりその場にいる全員が礼拝をさらに楽しめるようになりました。

この結果にとても満足しているデビット神父は次のように話します。「Bose Professionalのスピーカーは各エリアの特性に合わせて設定され、大聖堂全体に上質なサウンドが行き渡るようになりました。立っていても座っていても、均一な音質で聴くことができます。あらゆる声量のスピーチにも、BGMや聖歌にも対応できる本当にすばらしいソリューションです」

「Bose Professionalのソリューションを選んだ理由は、オーストラリアで十分な実績があったからです。私たちはそれほど先駆的ではなく、リスクを避ける傾向にあります。だからこそ、実績のある確かなソリューションを選びました」

 — パトリック・クーパー氏 
教区財務管理者

パートナー: Clare Communications Co

オーストラリアのニューサウスウェールズ州を拠点とするClare Communications Co Pty Ltdは、通信システム分野、特に、業務用サウンドシステム、PAシステム、オーディオビジュアルおよび照明システム、自動化/コントロールシステム、警報システム、聴覚支援システムなどの供給と設置を専門としています。

Clare Communications Coロゴ

ダウンロード

聖ミカエル&聖ヨハネ大聖堂の導入事例