Centene Center Performing Arts FacilityがBose ProfessionalのShowMatch™ DeltaQ™スピーカーシステムを採用

ミズーリ州フラミントンのCentene Center Performing Arts Theatreは、ごく最近、ShowMatch™ DeltaQ™ loudspeaker array systemを導入しました。フラミントン市のParks and Recreation Departmentによって運営されるこの多目的コミュニティ会場では、コンサート、ダンスパフォーマンス、演劇、ビジネスセミナー、教会の会合、結婚式をはじめ、さまざまなコミュニティアートやエンターテイメントイベントが行われており、ShowMatchシステムは会場にとって最適なシステムとなりました。

ミズーリを拠点とするフルサービスシステムインテグレーターのTSI Global社は、Centene Centerのオーディオアップグレードパッケージの一環としてBose ShowMatchシステムを設計・調達・設置しました。「クライアントはテクノロジーの入れ替えを検討しており、ボーズの新製品を利用するよい機会でした」と話すのは、TSI Global社のCTS/ジェネラルマネージャー、ポール・マーディック氏。

Centene Centerの新しいPAシステムでは、湾曲したステージのプロセニアムの前にそれぞれ6台のShowMatch DeltaQモジュールから成る左右のアレイが空中に配置されています。さらに、2台のBose RoomMatch® RMS218 VLF-subwoofersの下に、2台の追加モジュールが中央吊り下げアレイで空中に配置されています。スピーカーシステム全体は、8台のPowerMatch® PM8500Nネットワーク対応アンプによって駆動します。また、Bose ControlSpace® ESP engineered sound processorがDSP処理および制御を行います。

公会堂には幅60フィートのステージと525席の常設の座席があり、200席の臨時座席を追加できるスペースがあります。劇場と過去12年におよぶ付き合いのあるマーディック氏によると、ShowMatchシステム構成は、TSI Global社のチームとBose Professionalとの協力で実現したとのこと。チームはBose Modeler® sound system softwareを使って、フロントシートセクションにエネルギーを集中させるには、左右のアレイのShowMatchキャビネットがSM20WG12ウェーブガイドに合致する必要があることを確認しました。「Modelerにより、クライアントにボーズのサポートの価値を示すことができました。ShowMatchシステムの高いSPLや、他のシステムに比べて軽量でより小さな設置面積で済むことには感心させられました。さらに、これらの機能を素晴らしい価格で実現しています。Centene Centerにとっては魅力的なシステムでした」とマーディック氏は語ります。

フラミントン市のParks and RecreationのCPRP/Director、クリス・コンウェイ氏は次のように述べています。「システムの運用における平易さと信頼性は素晴らしいものです。最近のイベントでShowMatchシステムを披露しましたが、そのサウンドは本当に素晴らしいものでした。サウンドチェックとリハーサルはシームレスに進行し、システムのおかげで数分のうちに終了しました。賞賛の言葉しかありません。本当に素晴らしいシステムです」

TSI Global社は、ステージマネージャーの立ち位置にBose ControlSpace CC-64プログラマブルネットワークコントローラーを設置し、ダンスリサイタルや演劇のリハーサルなどのイベントで会場を使う地元のグループが、シンプルな操作でシステムを制御できるようにしました。iPadアプリによって、経験豊富なオペレーターがボーズのシステムにより深くアクセスできるようになっています。「コミュニティは会場に愛着を持っており、あらゆる種類のエンターテイメントに利用できることを便利に活用しています。そのため、ShowMatchシステムの柔軟性は不可欠なものでした」とマーディック氏は言います。

さらにマーディック氏はこう続けます。「Centene Centerのスタッフは、新しいShowMatch DeltaQアレイのパフォーマンスと品質にこの上なく満足しています。このシステムによって会場が生まれ変わりました。そして劇場に、確実にさらなる機会をもたらすことでしょう」