導入事例 – 教育施設 | ファーゴドーム

概要

プロジェクトについて

ノースダコタ州ファーゴのノースダコタ州立大学(NDSU)のキャンパス内にあるファーゴドームは、NDSUバイソンフットボールチームのホームである公共の屋内競技場です。1992年後半にオープンしたこの施設は、ファーゴ市が所有し、運営委員会が管理しています。バイソンフットボールチームは、全米大学体育協会(NCAA)のフットボール競技部門(FCS)のディビジョンIでプレイし、ミズーリバレーフットボールカンファレンスの
メンバーでもあります。このスタジアムでは、NDSUの卒業式や大規模なコンサート、スポーツイベントや展示会なども行われ、フットボールの試合ならスタジアム全体で18,700人、さらにアリーナ全体を使ったコンサートになれば25,000人の観客を収容できます。

ファーゴドームは常勝校であるバイソンのホームでしたが、スタジアムのオーディオシステムは、さまざまなイベントに必要とされる音質を提供できるものではありませんでした。常勝校であるバイソンの本拠地でありながらそれに相応しいサウンドクオリティを提供できるものではありませんでした。新しいシステムを導入する以前、老朽化したアンプで不具合が起こるようになり、各アンプの負荷インピーダンスをモニタリングするためのプロセッサーも、ライブイベントの最中にダウンしてしまうようになりました。

ファーゴドームのファン
ファーゴドームのスピーカー

Bose Professionalのソリューション

運営委員会は、インテグレーターのAVI Systems社に最新の高品質なサウンドソリューションの導入を依頼しました。さまざまなイベントの規模や観客数に対応できる十分な柔軟性と、より明瞭なサウンドを提供するため、AVI Systems社はBose ProfessionalのArenaMatchスピーカーとアンプを選択。同社はBose Professionalと緊密に連携し、ファーゴドームの既存のインフラを使用して、設置時間を最小限に抑えるプランを設計しました。その結果、既存のCAT 5のファイバー配線とソフトウェアを活用することができ、旧式のシステムを新しいBose Professionalソリューションに交換して、イベントの参加者に優れたオーディオ体験を提供できるようになりました。新しいシステムにより、よりクリアで、優れたオーディオ体験を実現できます。ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンドなどによるコンサートパフォーマンスや、大学のフットボールの試合での審判のアナウンスで、観客がすぐに違いを体感できるほどです。

「旧式のオーディオシステムから、最新のメンテナンスが簡単なシステムに、スムーズに移行することができましたAVI Systems社とボーズと協力することで、新しい機器を非常に短い時間で設置することができました。すでに予定されていたイベントに間に合わせるため、これは重要なことでした。音質が大幅に向上したため、イベントによってはこれまでより少ないスピーカーの使用で済むようになりました。この新たなシステムにより、観客により優れた観戦体験を提供できるようになりました」

- ファーゴドーム技術サービスマネージャー、マット・カステロ氏

ダウンロード