導入事例 – 礼拝施設 | ファーストバプテスト教会(メリット島)

概要

プロジェクトについて

1949年に創設されたメリット島のファーストバプテスト教会は、1つの使命を掲げ、その門戸を開放しました。その使命とは、「Love God. Love People. Go into the World.(神を愛し、人々を愛し、世界に羽ばたこう)」です。過去70年以上にわたり、ファーストバプテスト教会はコミュニティと共に成長し変化を遂げてきました。この教会とその教区民たちは活気に満ちたコミュニティです。幅広い奉仕活動を行い、グローバルな宣教活動や志を同じくする他の教会との提携も進めています。

近年、教会のリーダーたちは、教会の次のミッションについて検討してきました。

「将来を考えたとき、我々が根ざす地域にさらに寄り添ってこの先も活動していくには、この教会の改修が必要なのは明らかでした。活気ある信仰、妥協のない真実、情熱的な結束、豊かな恩寵、謙虚な奉仕といった、私たちの中核となる価値観を教会のスペース全体に反映したいと考えました」とキャリー・ディーン牧師代表は語ります。

Bose Professionalのソリューション

メインホールの正面画像

NewGround Group社の創設者兼社長であるドン・アレンズワース氏の協力のもと、教会は今後20年間で達成したいことを再検討しました。その結果、コミュニティのニーズを満たすプロフェッショナルなサウンドシステムを施設に完備するという構想に至りました。

例えば、次世代の育成のために施設内の子ども用エリアを拡張して、子どもたちが探索し、遊び、学習することのできる場所を設けています。また、礼拝の前後に教会のメンバーが集まってコーヒーを飲みながら交流できる大きな2階までの共用エリアを作り、より深いコミュニティのつながりを促進しました。さらには、ボランティアと教会のリーダーたちが活用できるオフィススペースを用意し、謙虚な奉仕という目標を支援しています。

チームが定めたこの改修における音響面の目標は、適切な音空間で信徒をサポートし、聞き取りやすい音声で明確な理解を促すという非常に難しい課題でした。信徒は多種多様で、年齢や話す言語も異なります。そのため、サウンドクオリティはこの構想において極めて重要な要素でした。

この目標を実現するために教会がパートナーとして選んだのはPro Sound and Video社です。同社は、AV関連の幅広い知識と専門技術を併せ持ち、あらゆる規模・構成の空間に合わせたオーディオを調整できます。現在はSolotechグループの一員である同社は、40年以上にわたり全米の有名な施設で最先端のプロオーディオビジュアルシステムを設計、開発、設置してきた実績があります。

メインホールの側面画像
ホールのステージ

「この使命を実現するには、あらゆる規模の教会で、改修や開発プロジェクトの一環としてAVのエキスパートと相談し最良の音質を実現することが重要です」とアレンズワース氏は強調します。

プロジェクトを進める中でPro Sound and Video社の担当チームが直面した課題は、天井が非常に高い巨大な礼拝堂のサウンドをどのように最適化するかということでした。この空間の天井高は約18メートルで、床は傾斜しており、1階席とバルコニー席をあわせて1,000人が収容できる大きな空間です。 

「この空間は非常に大きく、さらに様々な角度の硬い表面が複数あるため、空間内での音の伝わり方や振る舞いを理解しコントロールできる音響の専門知識と経験を持つエキスパートが必要でした」とファーストバプテスト教会の技術担当であるパトリック・マクガイア氏は話します。「そのため、Sound Pro and Video社のようなパートナーとBose Professionalのようなメーカーとの協働が不可欠だったのです」

歌声や音楽だけでなくスピーチにも対応できるソリューションにすることも、非常に重要でした。空間が広いため、4秒~5秒の残響が起きてしまい礼拝への参加が難しくなってしまいます。

Pro Sound and Video社のチームは、こうした課題をすべて解決する統合システムを設計しました。Bose Professional ArenaMatch AM10/AM20スピーカーアレイは、巨大な礼拝堂の中にいる参加者全員にクリアで均一なサウンドを届けます。パーキングエリアにはArenaMatch Utility AMU208スピーカーが設置され、教会を訪れた人々を到着した瞬間から歓迎します。

共用エリア全体では、EdgeMaxスピーカーとDesignMax DM10Sサブウーファーを組み合わせて、礼拝に向かう信徒たちに途切れることなくサウンドを届けています。 

ホールのロビー
テレビのあるアーケードルーム

改修の一環として、会議室、オフィススペース、子ども用エリアなどにFreeSpace FS2Pペンダントスピーカーを設置し、内観に調和した最高レベルのオーディオを実現しています。 

そして、この地域密着型の施設に欠かせないのが、Bose S1 ProポータブルスピーカーシステムとF1サブウーファーです。この組み合わせにより、教会イベントやコミュニティ活動などのあらゆる場面にサウンドを持ち運べるという柔軟性を提供しています。

ファーストバプテスト教会は、成長を続け、地域に寄り添いこの先へと進んでいくという力強いビジョンを掲げています。この改修の結果、礼拝では楽器や声が明瞭に参加者に届くようになり集会や日々の活動では自然に一体感が生まれるようになりました。

「Bose Professionalと協働できたことを非常に嬉しく思っています。ボーズ製品の卓越した品質によって、教区民たちは本当の意味で礼拝に参加できるようになりました」とディーン牧師は語ります。「この広い空間でまさかこれほどの良質なサウンドが実現できるとは思ってもみませんでした。システムが一つずつ組みあがっていくたびに、“コミュニティのニーズに応える”というビジョンが実現していくのを実感し、心から感動しました」

計画、設計、設置のプロセスに3年以上を費やし実現したビジョンに、関係者全員が感激しています。教会のリーダーと教会民たちは、将来に目を向け自信を持って刺激的で心動かす体験を創造していけるようになりました。こうした体験こそが、信徒やそのコミュニティがこの先も神を愛し、人々を愛し、世界に羽ばたくために必要なものなのです。

ブレイクアウトルーム

「Bose Professionalと協働できたことを非常に嬉しく思っています。ボーズ製品の卓越した品質によって、教区民たちは本当の意味で礼拝に参加できるようになりました」

— キャリー・ディーン氏
 牧師代表

Pro Sound Videoロゴ

パートナー: Pro Sound & Video

現在はSolotechグループの一員であるPro Sound and Video社は、40年以上にわたり、全米の有名な施設で最先端のオーディオビジュアルシステムの設計、開発、設置に携わってきました。この実績は、同社が持つ技術に対する揺るぎない信念によって築かれたものです。すべてのプロジェクトでベストを尽くすだけでなく、さらにその一歩先を目指しています。

ダウンロード

メリット島ファーストバプテスト教会