お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

導入事例 – 商業施設 | ジェネラル・バーク

概要

プロジェクトについて

ジェネラル・バークは、シドニー西部郊外のパラマタにあるパブです。このパブの歴史は1900年代前半にまでさかのぼり、その魅力と建築的な造形の大部分が今も美しく保たれています。建物は長年にわたってさまざまな所有者の手にわたり、現在はアイリスホテルグループが所有しています。この建物のパラマタ地域における重要性を尊重しながら、施設を近代化するために、アイリスホテルグループはジェネラル・バークを全面的に改装し、誰もが楽しめる施設へと生まれ変わらせました。ビルの中には、アジア風の内装を施した豪華なゲームルーム、スポーツバー、VIPラウンジ、屋外ダイニングを備えたモダンなビストロ、そして午後のドリンクや歓談に最適な大型のメインバーがあります。

アイリスホテルグループのCOO、ポール・デバイン氏は、会社のビジョンを次のように説明します。「ジェネラル・バークは、パラマタの商業地域の端に位置します。そのため、1900年代前半から長年続いてきたエンターテイメントやパブの場としての評判を保ちつつ、この地域の企業に務める人々のニーズに応えたいと考えました。伝統を受け継ぎながら、あらゆる人が楽しめる場所にしたかったのです」

メインバーエリアにあるBose FreeSpace 3天井埋込型スピーカー

ジェネラル・バーク内の各エリアは、それぞれ独自の雰囲気を持っています。このような多様な空間においては、お客様が施設内を移動した際に、各エリアで最適なオーディオを体験できるソリューションが不可欠でした。「各エリアの雰囲気を損なうことなく、それぞれのスペースで求められる音質を正確に提供できるサウンドシステムを必要としていました。他のエリアに音が漏れてしまうと、明瞭性の低下や雑音につながってしまうためです」とデバイン氏は述べます。

また、バックグラウンドとフォアグラウンドの両方において、スタッフとお客様のやり取りを妨げることなく、伝統的なパブならではの活気ある雰囲気を創出できる音楽システムを必要としていました。そこで、Total Concept Projects(TCP)のチームが、ジェネラル・バークの各エリアでこのビジョンを実現しました。

Bose Professionalのソリューション

TCP社のディレクター、トニー・ムジコ氏は、Bose ProfessionalのFreeSpaceとEdgeMaxシリーズのスピーカーを使用して、ジェネラル・バークのオーディオシステムを設計しました。ダイニングエリアのオーディオは、主にBose FreeSpace 3天井埋め込みスピーカーで補強されています。メインバーは天井が低いため、幅広い放射角を特長とするFreeSpaceスピーカーを使用することにより、均一なカバレージを実現しています。高い音圧レベルと指向性カバレージが求められるスポーツのテレビ観戦エリアには、Bose EdgeMax EM90/EM180が採用されています。EdgeMaxの正確な指向性により、試合やレースを立って観戦したい人も高品質なオーディオを楽しむことが出来、部屋全体に雑音が響いて他のお客様の迷惑になることもありません。

また、EdgeMaxスピーカーはバーの真上にも設置されていますが、お客様が注文をする場所からは音を遠ざけている為、スタッフと問題なく会話をすることができます。

バーエリアの上に設置されたEdgeMaxスピーカー
Bose F1 Subwoofer

「お客様とスタッフのやり取りが雑音によって妨げられることのない、モダンな空間を作り上げたいと考えていました」とデバイン氏は述べます。「それを可能にしてくれたのがボーズのEdgeMaxです。音楽に負けじと大声で叫ぶことなく、接客スタッフが通常の声量でお客様とやり取りし、会話を楽しめるようになりました。お客様との対話が何よりも大切なのです」

通常の営業時間後にはナイトクラブとして営業する上階のダンスフロアエリアでは、EdgeMax天井埋め込みスピーカーとF1サブウーファーを組み合わせて設置しています。「フォアグラウンドのナイトクラブシステムとしては珍しい組み合わせですが、大成功でした」とムジコ氏は喜びを語りました。上階のイベントエリアと座席エリアには追加のFreeSpace 3スピーカーを配置し、すべてのスピーカーの駆動にPowerMatch PM8500Nパワーアンプを使用しています。

「理想的なBGMシステムの要となるのはスピーカーですが、私が最も感銘を受けたのは、ボーズ製品の幅広さと種類の豊富さです」

— トニー・ムジコ氏
Total Concept Projects社ディレクター

「これらのスピーカーは理想的なBGMシステムを構築するものですが、私が最も感銘を受けたのは、ボーズ製品の幅広さと種類の豊富さです」とムジコ氏は付け加えます。パブでは、その騒々しさがときには不快になることもあります。お客様が会話を楽しもうとしているのに、大音量の音楽を流してしまうと、体験を台無しにしてしまいます。デバイン氏は次のように言います。「新しいボーズシステムにより、その問題を払拭できました。指向性が制御されたサウンドにより、お客様とスタッフが通常の声量でやり取りできるようになりました。これこそが接客のあるべき姿なのです」

Bose EdgeMaxが導入された屋外席エリア
Total Concept Projectsロゴ

パートナー: Total Concept Projects

Total Concept Projects(TCP)は、オーストラリアとアジア全域の企業、商業施設、住宅向けに、革新的なオーディオビジュアルおよび照明ソリューションを提供しています。

ダウンロード

ジェネラル・バーク導入事例
PDFをダウンロードする