導入事例 – スポーツ施設 | ボストンスケートクラブ

概要

プロジェクトについて

ボストンスケートクラブは、ニューイングランドの伝統あるフィギュアスケートクラブです。一般のスケート客からアスリートまで、100年以上にわたってコミュニティを築いてきました。2020年9月、このクラブは、マサチューセッツ州ノーウッドにある約16,700平方メートルの最先端トレーニング施設へと移転しました。

新しい施設は、オリンピックサイズのテンリー・E・オルブライト・パフォーマンス・センターを含む3つのスケートリンクを備え、あらゆるレベルのフィギュアスケート選手やホッケー選手が利用できるようになっています。スポーツの怪我を予防する目的で併設されたミケーリ・センターでは、選手に強化メニューとコンディション管理を提供し、スタジオと呼ばれる施設では、ニーズが高まってきているダンスのトレーニングと振り付けに応えています。また、フリーリング・ファミリー・クラブ・ラウンジは、パフォーマンス・センターを上から見下ろす洗練されたプライベート空間です。この他にも、クラブ・ライブラリーとアカデミック・センターがあります。

ポーズしているカップル
ボストンスケートクラブ第2パフォーマンスセンター

あらゆるレベルのスケート選手を育成する十分なスペースを提供すると同時に、大会の開催実現を目的として、クラブの経営陣は、ニューイングランド地域で1世紀以上にわたり築いてきたコミュニティを維持しつつ、元の施設を拡張することを決定しました。2011年、ボストンスケートクラブは、新しい場所に拠点を移す時期が来たと考えていました。

当時の建物は1938年に建築されたもので、唯一のスケートリンクに設置されたサウンドシステムは湿度と長年の使用により劣化し、練習やイベントで明瞭かつシームレスなサウンドを体験できなくなっていました。次の世紀にもクラブやコミュニティの拠点として利用できるよう、クラブでは、過去数年間にわたって設計やビジョンの定義に膨大な時間を費やしてきました。

その目的は、フィギュアスケートの上級イベントに対応できる、高品質のオーディオ体験を備えたクラス最高峰のスケート施設を作ることでした。このビジョンでは、声の聞き取りやすさと音楽の再現性の両方を実現する、最高品質のオーディオソリューションを導入することも計画されました。米国フィギュアスケート協会のメンバーであるクラブのステータスを考慮すると、2,500席を擁するパフォーマンス・センターへの導入が特に重要となりました。氷上のパフォーマー、審判、そしてスタンドのオーディエンスに、卓越したオーディオ体験を届けられるソリューションが求められていたのです。

Bose Professionalのソリューション

このオーディオソリューションは、ボストンスケートクラブのCEO、ダグ・ゼギベ氏が招集した専門家たちと、彼のチームの共同作業による成果です。オーディオ設計の専門家として、ACT Associates社からシニア設計コンサルタントのピート・トンプソン氏とエンジニアのデビッド・シャピロ氏が参加し、さらに、Ambient Sound社のチームが複数のスケートリンクにわたるシステムの設置とプログラミングを監督および担当しました。

また、Northstar Project & Real Estate Services社のアソシエイトバイスプレジデント、ダニエル・ゴヴォーニ氏がプロジェクトの設計と構成の管理を担当しました。完成したオーディオシステムでは、複数のスケートリンク、会議室、公共スペースそれぞれのニーズを、一元化されたソリューションに統合し、明瞭な音声を提供すると同時に、スケートの各選手が再生する幅広い音楽を正確に表現します。

男子フィギュアスケート選手
ボストンスケートクラブ第3パフォーマンスセンター

オリンピックサイズのパフォーマンス・センターは、クラブの新しい施設で最も重要な場所です。ここには、それぞれ20°と40°の垂直カバレージパターンを提供する、ArenaMatch AM20とAM40のスピーカーが設置されています。さらに、29 Hzまでの低域レスポンスを出力するShowMatch SMS118サブウーファーが追加され、PowerMatch PM8500Nコンフィギャラブルパワーアンプがコンサート品質のサウンドを再現することで、オリンピックレベルのサウンドシステムを実現しています。

西側のフィギュアスケートトレーニングリンクは、1,500席の観客席を備え、さまざまなフィギュアスケートの大会に対応できるよう特別に設計されています。このリンクのシステムは、ゾーンフィルカバレージと高出力を兼ね備えながらもコンパクト設計で高い音質を実現するArenaMatch Utility AMU105スピーカーと、ShowMatch SMS118サブウーファーで構成されています。すべてはPowerMatch PM4500NとPM8500Nのパワーアンプで駆動しています。

東側の多目的リンクは、ホッケーとフィギュアスケートの両方に利用できる空間です。ここでは、ShowMatchサウンドシステムに、低域のニーズを満たすShowMatch SMS118サブウーファーを組み合わせ、PowerMatch PM8500Nパワーアンプで駆動しています。ミケーリ・センターからクラブ・ラウンジまで、共有スペースと会議室全体にわたって、バックグラウンドミュージック、呼び出し、アナウンスにBose Professionalの各製品が使用され、オリンピックレベルの施設に適した包括的かつ多様なオーディオソリューションを構成しています。

スケートクラブの新しい拠点は、このコミュニティに対する大きな誇りの象徴として、一流の施設へと生まれ変わりました。そして、施設全体に設置されたオーディオソリューションは、すべての人々の期待を上回るものとなりました。オーディオは、あらゆるレベルのスケートイベントできわめて重要な役割を果たします。何年も費やした計画と共同作業の成果として、どんな組織のニーズも満たす、世界最高クラスの施設がここに誕生したのです。

ボストンスケートクラブのパフォーマンスセンター

「ボーズとの仕事はすばらしいものでした。ただの顧客ではなく、パートナーとして私たちと接してくれました。チームの全員が、今日のすばらしい成果の実現に不可欠だったのです」

— ダニエル・ゴヴォーニ氏
Northstar Project & Real Estate Services社アソシエイトバイスプレジデント

ACT Associatesはコネチカット州ストーズを拠点とし、設計、コンサルティング、プロジェクトマネジメントを提供する企業です。オーディオ、ビデオ、音声、データ、ディスプレイを単一のテクノロジーに統合し、現代の環境に対応します。

Ambient Soundはロードアイランド州を拠点とし、AV設計と設置、レンタル、演出、社内AVサービス、機材販売、修理メンテナンスなど、包括的なサービスポートフォリオを提供しています。

Northstar Project & Real Estate Servicesはボストンとその周辺地域の公共施設、高等教育施設、商業施設、居住施設、研究開発施設の顧客に向けた、不動産開発、プロジェクト管理、アドバイザリーサービスに特化する企業です。

ダウンロード

ボストンスケートクラブ導入事例