導入事例 – 礼拝施設 | サウスクレスト教会

概要

プロジェクトについて

2000年の創設以来、サウスクレスト教会には、人々をイエス・キリストにつなぎ、そして互いに通じ合わせるという確固としたビジョンを持っています。ナマズ料理店での日曜集会という慎ましい始まりから、4,600平方メートルの倉庫を改修した現在の施設に至るまで、サウスクレスト教会はあらゆることに献身的かつ親切に取り組んできました。

教会の建物の本来の性質を考えると、大きく開かれた構造はゆとりがある一方で、伝統的な建物には無い固有の音響の課題があります。サウスクレスト教会内の数多くのスペースは、各エリアで年齢やミーティングの目的に応じて大人数で集まったり、少人数で集まったりすることができ、さまざまな用途で使用されていました。

サウスクレスト教会の建物外観
テーブルと椅子のある内部ホール

キャンパス牧師を務めるマット・マクファデン氏は、サウスクレストのクリエイティブアートの取り組みを指揮しています。数年前に加わってから、彼はツアーミュージシャンとしての経験や、ライブミュージックで得た経験を、この教会で活かしています。バンドメンバーであり、音響の技術者でもある同氏は、サウスクレストのオーディオニーズと構造上の制約を特定する上で重要な役割を果たしました。

メインの礼拝エリアとは別に、サウスクレストには広い学生エリアがあり、さまざまな年齢の若者が集まったり、礼拝をしたり、仲間と交流を深めたりすることが出来ます。子どものためのエリアには、養護施設、聖書学習のためのスペース、遊び場などがあります。

さまざまなパフォーマンス活動に使用される中規模のシアターに加え、礼拝の前後に誰でも利用できるカフェもあり、ソフトドリンクや軽食を提供しています。最大700人収容可能なメイン礼拝堂では、クリアで明瞭なスピーチと様々なライブ演奏の両方に対応できる、バランスの取れた音響設備を必要としていました。

それには、インスピレーションを与え、一体感を育みながら、空間全体を通して快適に聴くことが出来るオーディオレベルが重要でした。多くの宗教組織と同様、予算には限りがある為、最終的なオーディオソリューションには、理想的な体験を提供すると同時に、他のエリアへの拡張可能な柔軟性と将来性を備えることが重要でした。

 サウスクレストは、ボランティアや組織内の知識、またスピーカーなどの使用できる機材を活用して課題を解決しようとしましたが、それには教会特有のニーズを熟知した音響の専門家の協力が必要だとすぐに分かりました。

ステージで演奏しているバンド

Bose Professionalのソリューション

通路の壁にある掲示物

そこでマクファデン氏は、NewGround Group創始者兼社長のドン・アレンズワース氏にコンタクトを取りました。そして、アレンズワース氏により、礼拝スペースの評価を行い、ビジョンを確認し、オーディオに対する理解を深め、Bose Professionalのツールやソリューションがサウスクレストの目標達成にどのように役立つかを理解することができました。

「私生活ではボーズ製品をよく利用していましたが、ボーズが同じレベルの革新と音質をライブ音楽環境向けにも提供していることは知りませんでした。礼拝空間にボーズのテクノロジーを導入できることがわかり、胸が高鳴りました」とマクファデン氏は述べています。

同教会が最終的に導入したのは、ShowMatch DeltaQ SM10およびSM20のフルレンジスピーカーモジュールで構成された4基の独立したスピーカーアレイです。それぞれ、公称10°、20°の垂直カバレージを持ち、70°または100°の水平カバレージに対応する交換可能なウェーブガイドが付属しています。

ShowMatch SMS118サブウーファーが、低域レスポンスを29 Hzまで拡張して、サウンドのバランスを整え、スピーチも音楽も豊かで臨場感あふれるものにします。このシステムはControlSpaceデジタルシグナルプロセッサーを採用し、各アレイはPowerMatch PM8500Nパワーアンプでドライブされています。その結果、若年層だけでなく、誰もが楽しめる、スムーズかつ明瞭で、豊かなサウンドが実現しました。

カラフルな壁に設置されたモニター
ステージで演奏しているバンド(前から)

独自のDeltaQテクノロジーを採用した次世代スピーカーアレイでは、カバレージパターンを選択することで、より的確に客席エリアに音を届けることができます。教会には、他のライブ音楽施設と同様、低域や豊かなサウンドなどのニーズがありますが、課題は独特の形状をした空間内での講話や音楽に明瞭さを与えることです。

ボーズソリューションを導入した結果、毎週の礼拝がさらに魅力的なものとなりました。映画内で流れる音楽のように、ボーズのサウンドシステムは、変に目立つことなく、礼拝体験全体をより豊かなものにします。

教会が活性化している中で、指導者たちは、人々を毎週迎え入れ、喜びに満ちた場所を作りたいと考えていました。そして、そのためには高品質のサウンドが重要な役割を果たすことになるのを理解していました。マクファデン氏は初めてボーズシステムのサウンドを聴いたときのことを振り返って、「信じられないサウンド体験に圧倒されました」と述べています。

屋内のカフェテリア

「複数の参加者から素晴らしい礼拝だったとの声が寄せられました。特に、一人ひとりの歌声を聴き分けることができ、説教も明瞭だったと言ってくれました」

— マット・マクファデン氏
サウスクレスト教会キャンパス牧師

ダウンロード

サウスクレスト教会導入事例