お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先 お問い合わせ先

導入事例 – 宿泊施設 | ビアヘロ・ホステルズ・サユリタ

概要

プロジェクトについて

ビアヘロ・ホステルズは中南米の新興企業で、低価格ながらも独自のアプローチを採用したホテルを展開し、ホステルとホテルのサービスを組み合わせた体験を提供しています。

同社は、アルゼンチン、コロンビア、米国、メキシコ、ウルグアイなどの様々な地域で15のホステルを運営し、宿泊と共同生活の空間を造り出しています。旅行者の集まるビーチのほか、文化施設や観光地のある都市を中心に、ブエノスアイレス、モンテビデオ、メキシコシティ、ボゴタといった中南米の主要首都にもホステルを展開しています。

中でも特に魅力的な施設が、メキシコ・ナヤリッタ州の小さな町、プラヤ・サユリタにあるホステルです。プラヤ・サユリタは太平洋沿岸に位置し、サーフィン、マリエタス諸島の有名なプラヤ・デル・アモール、色鮮やかな街並み、アートギャラリーで知られる町です。

ビアヘロ・ホステルズ・サユリタの建築やデザインは、メキシコの建築インテリアデザインスタジオであるEstudio 300が手がけました。このホステルには、太平洋沿岸の典型的な素材や要素を使用して作られたオープンスペースがあり、ゲストたちが集まって交流できる場所になっています。ゲストスペースには他にも、大型のテラス、壮観なパラパ、レストラン、バー、コワーキングスペース、共同キッチン、スイミングプール、プライベートルーム、共同宿泊スペースなどがあります。

FreeSpaceスピーカーが設置されたテラス

Bose Professionalのソリューション

当初の課題は、共同住宅だった古い建物を共有エリアや客室を備えた新しいスペースへと生まれ変わらせ、訪れるゲストの期待に応えるサービスを提供することでした。Estudio 300はこの目的を念頭にインテリアをデザインし、家具の配置や納入業者の監修なども行いました。

海と周囲の街並みを一望できる他に例を見ないパノラマビューを生かし、鮮やかな夕日を浴びながら、バーで好みのドリンクを飲みつつ音楽を楽しめるスペースを作りました。また、このスペースはゲストの自由な精神と冒険心を反映して、初めて会う人とも自然に会話ができるようなオープンな空間になっています。

メキシコ・ナヤリッタ州の優れた景観

「ビアヘロ・ホステルズの建物には、ブランドの共通要素は含まれるものの、それぞれに違った個性や建築スタイルがあります」と話すのは、ビアヘロ・ホステルズの新規施設開発担当マネージャーであるデビッド・ラミレス氏です。 

くつろげる楽しい空間を設計するためには、フロントデスクからレストラン、バー、テラスやプールエリアに至るまで、高品質のサウンドが提供できるオーディオシステムが不可欠でした。さらに、様々な空間に対応できるよう熱や湿度はもちろん、海風の塩分にも耐性のあるソリューションが必要でした。

「バーでは音楽が非常に重要です。ゲストに幸せな気分でリラックスしてもらい、ゆったりと過ごしていただきたいのです」とラミレス氏は語ります。「さらにゲストには、地域の住民や他のゲストとの新たな出会いも楽しんでもらいたいのです」

音楽はゲストの体験の重要な部分を占めるため、必要なカバレージと出力を備えつつも、うるさすぎたり音が歪んだりすることなく快適な空間の雰囲気を引き立てるオーディオシステムが必要とされました。音楽が空間に溶け込み、ゲスト同士の会話を妨げないことが重要な条件だったのです。

Estudio 300は、これまでに何度も提携してきたオーディオシステムの設計・施工会社であるAudio & Comfort社を迎え入れました。 

プロジェクトマネージャーのルイス・ハウレギ氏率いるAudio & Comfort社の担当チームは、建築家のニーズを聞き取ったうえで、4つのゾーン全体に配置されるオーディオソリューションを提案しました。全体のシステム設計には、ボーズのModeler Sound System Softwareを使用して、各ゾーンに適したスピーカーの配置と理想的な音圧レベルが設定されました。4つのゾーンは、フロントデスク、レストラン、バー、スイミングプールで構成されます。

吊り下げて設置されたFreeSpaceスピーカー
端に設置されたFreeSpaceスピーカーの拡大画像

FreeSpace FS4SEとFreeSpace FS2SE露出型スピーカーは、天候や紫外線による劣化に対して優れた耐性を発揮します。湿度の高い屋外での設置を想定して設計されたFreeSpaceスピーカーは、IP55準拠で最高70℃の高温でも動作します。

ホステルの様々なスペースに設置されたFreeSpaceスピーカーは、そのコンパクトなデザインと曲線的な形状で、ビアヘロ・ホステルズ・サユリタのインテリアに調和しています。

このシステムには、PowerShare PS604Dアンプと、バーエリアで求められる操作が簡単にできるフロントパネルを備えた汎用性の高いFreeSpace IZA 250-LZアンプが組み込まれています。IZA 250-LZは、フロントパネルから様々な音源を簡単に接続できるうえに、音量の調節も簡単にできるため、特にDJパフォーマンスやカラオケイベントなどで活躍しています。

システムの中心はCSP-428デジタルサウンドプロセッサーです。壁に設置されたControlCenter CC-1デジタルゾーンコントローラーから直感的に操作して、すばやくセットアップできます。

ビアヘロ・ホステルズの新たなオーディオソリューションは、完璧なゲスト体験を創出するために必要なカバレージと明瞭さの要件を満たすと同時に、スピーカーは堅牢な設計で厳しい気候にも耐えることができるシステムです。

ゲストがフロントデスクから他の場所に移動するときは、楽しく陽気な空間をリラックスした音楽が満たし、本当の友達に迎え入れられたような感覚になれるのです。

「コロンビアのタイロナとサンタ・マルタのホステルでもBose Professionalのオーディオシステムを使っており、ボーズ製品は信頼しています。サユリタの新しいシステムのサウンドはすばらしく、私たちの創り出すくつろぎの体験に理想的な音質を提供してくれます」

— デビッド・ラミレス氏
ビアヘロ・ホステルズ マネージャー

インテグレーター: Audio & Comfort

メキシコを拠点とするAudio & Comfort社は、住宅および業務向けのAV市場においてオーディオ、ビデオ、オートメートソリューションの導入に30年以上の実績があります。Bose Professionalの認定ディーラーとして、大型プロジェクトのスタジアムや講堂、ホテル、法廷、小売店のほか、礼拝施設向けのカスタムソリューションを中心に手がけています。

Audio&Comfortロゴ

ダウンロード

ビアヘロ・ホステルズ・サユリタ