導入事例 - 宿泊施設 | ヴォーンシュティフト・アム・ティーアガルテン

概要

プロジェクトについて

高級老人ホーム“ヴォーンシュティフト・アム・ティーアガルテン”は、1972年にニュルンベルクの東側、ローレンツァー・ライヒスヴァルト自然保護区とニュルンベルク動物園にほど近い、のどかな郊外に設立されました。当初のコンセプトは、入居者が自立した生活を送ることができるように、娯楽や福祉サービスを充実させた高齢者向け住宅を作ることでした。

現在、ヴォーンシュティフト・アム・ティーアガルテンでは、約700人の居住者が高級アパートメントで暮らしています。同ホームの文化交流の中心を担うのは400席のコンサートホールで、居住者と地元の住民にとって、ヴォーンシュティフトでの生活の一部になっています。2019年10月、約3.7億円の改修工事を経てコンサートホールがリニューアルオープン。ヴォーンシュティフトは他に類を見ない高齢者向けの住宅となりました。同ホールでは、コンサートはもちろん、ダンス、演劇、映画上映会、講演会、プレゼンなど、高齢者向け住宅に併設されたコンサートホールとしては異例の規模で多彩なエンターテイメントを提供しています。

ヴォーンシュティフト・アム・ティーアガルテン・コンサートホール

ヴォーンシュティフト・アム・ティーアガルテンの役員は次のように述べています。「幅広いカルチャーサービスを提供することで、老人ホームの住民とニュルンベルクや周辺地域からのコンサート訪問者との活発な交流を図りたいと考えています。このニュルンベルク市の新コンサートホールの改修計画には、非常に高い基準を設定しました。さらに、同ホールを特別なものにしている理由が他にもあります。こうしたカルチャーイベントを、住民や外部からの訪問者に無料で提供しているのです」

Bose Professionalの製品

Bose Professionalの

設定された基準を満たすオーディオソリューションを提供するにあたって、独自の文化的な魅力を妨げないように設置することが最も重要な課題でした。AVシステムの設計は、企画コンサルティング事務所・Soniek.com社によって設計管轄され、Bose Professional販売店・MEDIA|tek|gmbh®社が施工しました。上質かつ自然なオーディオ体験を担保するために、ヒアリングループによる音響補強を採用。ステージ照明のソリューションにもこだわっています。また、多彩なイベントに対応するために不可欠な柔軟性も備えており、メディアコントロールシステムから使いやすいグラフィカルユーザーインターフェースで、操作が可能です。合計50台ものBose Professionalスピーカーがホワイエとホール全体に設置されていますが、大半はインテリアデザインに完全に溶け込んでいるためほとんど目立ちません。

ホール内で視認できるスピーカーは、ステージカーテンの前にある2つのコラムユニットだけです。縦6メートルのこの電源内蔵のデジタルビームステアリングスピーカーは、驚くほど明瞭なボーカルと均一な音質を実現。そのうちの3台はアクティブ型、他の3台はパッシブ型(電源なし)です。パッシブ型Bose Professional Panaray MSA12Xスピーカーのうちの1台は、多様な接続オプションを備えたステージボックスに改造してあります。ビームステアリング機能により、両スタックはコンサートホール全体に均一なカバレージを提供。リニアなフルレンジパフォーマンスと、正確な直接音のコントロールにより直接音と残響音の比率を改善することで、最高の明瞭度を実現しています。オーディオシステムを改修する前は、音質の良い限られた数の座席をめぐって、来場者が競い合うことがよくありました。最新のボーズソリューションでは、ホールのどの席でも、そこにいる観客全員が充実したリスニング体験を楽しむことができます。音響的にも建築的にも、このコンサートホールとホワイエは、音響と視覚的なデザインの傑作です。関係者全員が協力し合う事で、驚くべき結果をもたらしました。

Bose ShowMatch DeltaQアレイスピーカー

「プロジェクト実現のベースとなる企画事務所と、現場で施工を行うサプライヤー。双方の協力こそが、今回のような高品質のプロジェクトを達成するうえで欠かせない重要なパートナーシップであるということを再認識しました」

– トーマス・クルグ氏、マネージングディレクター、MEDIA|tek|gmbh®社

ダウンロード